WTPのインストール

広告

まずWTP(Web Tools Platform)のインストールを行います。WTPのホームページは下記から参照できます。

http://www.eclipse.org/webtools/

WTPのインストール

現在のリリース版としての最新バージョンは「Web Tools Platform 2.0.1」のようです。直接ファイルをダウンロードしてインストールすることも可能ですが、今回はソフトウェア更新を使ってインストール行います。

Eclipseを起動して「ヘルプ」メニューの中の「ソフトウェア更新」をクリックし、さらに「検索およびインストール」をクリックして下さい。

WTPのインストール

「インストール/更新」ウィンドウが表示されます。

WTPのインストール

「インストールする新規フィーチャーを検索」にチェックしてから「次へ」をクリックします。

WTPのインストール

「Europa ディスカバリー・サイト」にチェックしてから「終了」をクリックします。

WTPのインストール

更新サイトに「日本」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

WTPのインストール

インストールするプラグインの選択画面が表示されます。「Web および JEE 開発」と書かれた項目の左側をチェックして下さい。

WTPのインストール

インストールするプラグインによっては他のプラグインを必要としているものもあります。そこで右側にある「必須項目を選択」ボタンをクリックして下さい。必要なプラグインを自動で探してチェックしてくれます。その後で「次へ」ボタンをクリックして下さい。

WTPのインストール

ライセンスの確認です。よく読んで頂いて同意できる場合には画面下の「使用条件の条項に同意します」にチェックして下さい。その後で「次へ」ボタンをクリックして下さい。

WTPのインストール

インストールするオプションを選択します。今回はデフォルトのままです。「次へ」ボタンをクリックします。

WTPのインストール

インストール内容やディレクトリが表示されます。インストールするディレクトリを変更する場合は「ロケーションの変更」ボタンをクリックして変更して下さい。今回はデフォルトのままです。「終了」ボタンをクリックします。

WTPのインストール

一通りのダウンロードが完了するとインストールの確認画面が表示されます。「すべてインストール」ボタンをクリックして下さい。

WTPのインストール

再起動を促すダイアログが表示されます。ここでEclipseを再起動すればWTPのインストールは完了です。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)