Eclipseからエミュレータを起動

広告

Eclipseから仮想デバイスを指定してエミュレータを起動する方法を確認します。ではますEclipseを起動して下さい。

p8-1

「ウィンドウ」メニューの中の「AVD Manager」メニューをクリックして下さい。

p8-2

AVD Managerが起動します。

p8-3

作成済みのAVDの中から使用するAVDをクリックして選択し、画面右側の「開始...」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p8-4

オプション画面が表示されます。「Scale display to real size」をチェックするとエミュレータ画面のサイズを変更できます。また「Wipe user data」をチェックするとデータを削除できます。このまま起動するとPCの画面に表示しきれない大きさとなりましたので「Scale display to real size」にチェックをして「Screen Size」を5に設定しました。

p8-5

設定が終わりましたら「起動」ボタンを押して下さい。すると次のようにエミュレータが起動します。(下記は実寸サイズです)。

p8-6

「Ctrl」+「F12」キーを押すことで向きを変更することもできます。

p8-7

このようにEclipseからAVDを指定してエミュレータを起動することができます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)