emulatorコマンドを使ったエミュレータの起動

広告

コマンドラインから作成済みのAVDを使ってエミュレータを起動することも可能です。エミュレータを起動するには「emulator」コマンドを使用します。書式は次の通りです。

emulator -avd 名前 [options] [-qemu args]

「-avd」の後に使用するAVDの名前を指定します。

では作成済みのAVD「avd_g4」を指定してエミュレータを起動してみます。コマンドプロンプトを起動し、次にように入力後にEnterキーを押して下さい。

emulator -avd avd_g4 -scale 0.5

オプションとして指定している「-scale 0.5」は画面サイズの大きさ調整のために指定しています。

p3-1

エミュレータが起動し、次のような画面が表示されます。

p3-2

このようにコマンドラインからもAVDを指定してエミュレータを起動することができます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)