phpMyAdminを使ってデータベースやテーブルを作成する

広告

phpMyAdmin はブラウザから利用可能な MySQL / MariaDB の管理ツールです。データベースの作成やテーブル、ユーザー、などの管理を行うことができます。ここでは phpMySQL を使って実際にどのようにデータベースやテーブルなどを作成するのかについて解説します。

※ phpMyAdmin の設定に関する詳細については「phpMyAdminの使い方」を参照して下さい。

phpMyAdminの操作画面を表示する

最初に phpMyAdmin の管理画面を表示します。 XAMPP コントールパネルを起動し、 Apache および MariaDB が起動していることを確認してから MySQL の行にある Admin をクリックしてください。

phpMyAdminの操作画面を表示する(1)

phpMyAdmin の管理画面が表示されます。(毎回ログインする設定にしている場合は、 root アカウントでログインしてください)。

phpMyAdminの操作画面を表示する(2)

なおブラウザから次の URL へ直接アクセスしても phpMyAdmin の管理画面を表示できます。

http://localhost/phpmyadmin/

データベースを作成する

最初にデータベースを作成します。画面上部のメニューの「データベース」と書かれたタブをクリックして下さい。

データベースを作成する(1)

データベースの作成と作成済みデータベースの一覧が表示される画面が表示されます。

データベースを作成する(2)

「データベース名」と表示されているテキストボックスに新しく作成するデータベースの名前を入力して下さい。今回は「staff」としました。入力が終わりましたら「作成」をクリックして下さい。

データベースを作成する(3)

新しいデータベースが作成されました。作成が完了すると、作成したデータベースに対してテーブルを作成する画面に代わります。

データベースを作成する(4)

テーブルを作成する

作成済みのデータベースにテーブルを作成します。 phpMyAdmin の画面左側には作成済みのデータベースが表示されています。この中からテーブルを作成したデータベースをクリックしてください。

テーブルを作成する(1)

テーブルの作成と作成済みのテーブルの一覧が表示される画面が表示されます。

テーブルを作成する(2)

新しいテーブルを作成するには作成するテーブル名とカラム数を入力し、その後で「実行」ボタンをクリックして下さい。今回テーブル名は「staffname」、カラム数は 2 としました。

テーブルを作成する(3)

作成するテーブルに含まれるカラムに関する設定画面が表示されます。今回はカラム数を 2 つとしましたのでそれぞれ設定できるようになっています。

テーブルを作成する(4)

1つ目のカラムは「名前」を「id」、「データ型」を「INT」としました。2つ目のカラムは「名前」を「name」、「データ型」を「VARCHAR」、「長さ/値」を20としました。

テーブルを作成する(5)

また一番目のカラムについては右の方にある「A_I」の項目にチェックをしています。(「A_I」とはauto incrementのことです)。「A_I」にチェックをすると自動的に「インデックス」の項目で「PRIMARY」が選択されます。

テーブルを作成する(6)

カラムの設定が終わりましたら画面下にある「保存する」ボタンをクリックして下さい。

テーブルを作成する(7)

テーブルが作成されました。

テーブルを作成する(8)

テーブルにデータを追加する

作成したテーブルにデータを追加します。 phpMyAdmin の画面左側には作成済みのデータベースが表示されています。対象のデータベースをクリックすると、作成済みのテーブルの一覧が表示されるので、データを追加するテーブルをクリックしてください。

テーブルにデータを追加する(1)

選択したテーブルに含まれるデータの一覧が表示されます。現時点ではこのテーブルにはデータは追加されていません。

テーブルにデータを追加する(2)

テーブルにデータを追加します。画面上部の「挿入」タブをクリックして下さい。

テーブルにデータを追加する(3)

テーブルにデータを挿入するための画面が表示されます。デフォルトでは一つの画面で 2 つのデータを同時に追加できるようになっています(変更できます)。

テーブルにデータを追加する(4)

テーブルには 2 つのカラム「id」と「name」がありますので、 1 つのデータにつきそれぞれ値を入力します。ただ「id」カラムは「A_I(auto increment)」が設定されており自動で値が入力されるため、入力が必要なのは「name」カラムの値だけです。値を入力したら「実行」をクリックして下さい。

テーブルにデータを追加する(5)

データがテーブルに追加されました。

テーブルにデータを追加する(6)

画面上部の「表示」タブをクリックするとテーブルに追加されたデータの一覧が表示されます。

テーブルにデータを追加する(7)

同じ手順で 2 つデータを追加しました。このテーブルには現在3つのデータが追加されています。

テーブルにデータを追加する(8)

このように作成したテーブルにデータを追加することができます。

ユーザーを追加する

作成したデータベースに PHP などからアクセスする場合に、すべての権限を持つ root アカウントでアクセスするのはあまり望ましくありません。そこで作成したデータベースに対して必要な権限だけを持つユーザーを作成し、 PHP などからアクセスする時は作成したユーザーを使うようにします。

phpMyAdmin の画面左側には作成済みのデータベースが表示されています。ユーザーを追加する対象のデータベースをクリックしてください。

ユーザーを追加する(1)

画面上部の「権限」タブをクリックして下さい。

ユーザーを追加する(2)

選択したデータベースにアクセスできるユーザーの一覧が表示されます。

ユーザーを追加する(3)

新しいユーザーを追加するには「ユーザーアカウントを追加する」をクリックして下さい。

ユーザーを追加する(4)

ユーザー追加の画面が表示されます。

ユーザーを追加する(5)

最初にログイン情報です。ユーザー名を「yamada」、アクセス可能なホスト名を「ローカルホスト」、に設定しました。ログイン用パスワードを入力(確認のため 2 箇所に同じパスワードを入力)しました。

ユーザーを追加する(5)

ユーザーアカウント専用データベースの設定では、今回対象とした「staff」データベースへのすべての権限を付与します。

ユーザーを追加する(6)

グローバル権限の設定は今回すべて空欄で構いません。

ユーザーを追加する(7)

設定が終わりましたら画面下部の「実行」をクリックしてください。

ユーザーを追加する(8)

新しいユーザーの追加が完了しました。

ユーザーを追加する(9)

-- --

phpMySQL を使って実際にどのようにデータベースやテーブルなどを作成するのかについて解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。