XAMPPコントロールパネルを起動する

広告

XAMPP を使ってインストールしたアプリケーションの設定をまとめて管理するのが XAMPP コントロールパネルです。ここでは XAMPP コントロールパネルの起動方法について解説します。

XAMPPコントロールパネルを常に管理者として起動するように設定する

XAMPP でインストールした各アプリケーションは XAMPP コントロールパネルから管理します。コントロールパネルを起動する場合は管理者として起動する必要がありますが、常に管理者として起動するように設定を行っておきます。 XAMPP をインストールしたディレクトリに含まれている xampp-control.exe ファイルを右クリックしてください。

XAMPPコントロールパネルの起動(1)

表示されたメニューの中から「プロパティ」をクリックしてください。

XAMPPコントロールパネルの起動(2)

「プロパティ」画面が表示されたら「互換性」タブをクリックしてください。

XAMPPコントロールパネルの起動(3)

「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックをしてください。そのあとで「適用」をクリックしてください。

XAMPPコントロールパネルの起動(4)

これで設定は完了です。

XAMPPコントロールパネルを起動する

XAMPP コントロールパネルを起動するには XAMPP をインストールしたディレクトリに含まれている xampp-control.exe ファイルをダブルクリックしてください。

XAMPPコントロールパネルを起動する(1)

XAMPP コントロールパネルが起動します。

XAMPPコントロールパネルを起動する(2)

なお XAMPP コントロールパネルを終了する場合は「Quit」ボタンをクリックしてください。

XAMPPコントロールパネルを起動する(3)

-- --

なお XAMPP コントロールパネルの起動はデスクトップ左下にあるスタートメニューをクリックし、表示されたアプリ一覧の中の XAMPP の中にある XAMPP Control Panel をクリックしても起動することができます。

XAMPPコントロールパネルを起動する(4)

どちらの方法でも同じです。

コントロールパネルを終了したときにエラーが出る場合

XAMPP コントロールパネルを起動したあとで「Quit」をクリックして終了したときに「Error Cannot create file "D:\xampp\xampp-control.ini" . アクセスが拒否されました」と表示されることがあります。

コントロールパネルを終了したときにエラーが出る場合(1)

これは XAMPP コントロールパネルを管理者として起動しなかった場合にでるようです。先に記載した方法で常に管理者として実行するか、起動するときに都度管理者として実行するようにしてください。

-- --

XAMPP コントロールパネルの起動方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。