記事にカテゴリーを設定する

広告

WordPress では記事にカテゴリーを設定することができます。カテゴリーは記事を分類するためのもので、カテゴリーを設定することでたくさんの記事の中から同じ種類・分類に関して投稿された記事を簡単に見つけることができます。ここでは記事にカテゴリーを設定する方法について解説します。

なおカテゴリーの利用方法に関する詳細は「カテゴリーとタグの設定」を参照して下さい。

新しい記事にカテゴリーを設定する

新しい記事を作成し、カテゴリーを設定してみます。例として次のような記事を作成しました。

新しい記事にカテゴリーを設定する(1)

カテゴリーを設定するには、右サイドバーに表示されている「カテゴリー」をクリックしてください。

新しい記事にカテゴリーを設定する(2)

まだ新しいカテゴリーを作成していないので、カテゴリー一覧にはデフォルトカテゴリである「未分類」だけが表示されています。今回は新しいカテゴリーを追加し設定するので「新規カテゴリーを追加」をクリックして下さい。

新しい記事にカテゴリーを設定する(3)

カテゴリーを新しく追加するための、カテゴリー名を設定するためのテキストボックス、親カテゴリーを設定するためのドロップダウンメニューなどが表示されます。

新しい記事にカテゴリーを設定する(4)

新しく作成するカテゴリー名を「お出かけスポット」としました。親カテゴリーは設定しません。カテゴリー名の入力が終わりましたら「新規カテゴリーを追加」をクリックして下さい。

新しい記事にカテゴリーを設定する(5)

新しいカテゴリーが追加されました。

新しい記事にカテゴリーを設定する(6)

それでは記事にカテゴリーを設定します。カテゴリー一覧の中から設定するカテゴリーにチェックを付けます。複数のカテゴリーにチェックを付けることができます。今回は新規にカテゴリーを追加しましたので、追加したカテゴリーに自動でチェックがされています。これで記事にカテゴリーが設定できました。

新しい記事にカテゴリーを設定する(7)

カテゴリーの設定が終わったので記事を投稿します。画面右上に表示されている「公開」をクリックして下さい。

新しい記事にカテゴリーを設定する(8)

記事が投稿されました。

新しい記事にカテゴリーを設定する(9)

-- --

それでは先ほど投稿した記事をブログの画面で表示してみます。記事タイトルの上に記事に設定したカテゴリー名が表示されています。

新しい記事にカテゴリーを設定する(10)

カテゴリー名がどこに表示されるのかはブログにて適用しているテーマによって異なります。

なおこれまでに投稿した記事にはカテゴリーを設定していませんでした。 WordPress では明示的にカテゴリーを設定していない場合はデフォルトのカテゴリーが設定されます。デフォルトのカテゴリー名は「未分類」となっているので他に記事にはカテゴリー名が表示されるところに「未分類」と表示されています。

新しい記事にカテゴリーを設定する(11)

投稿済みの記事のカテゴリーを設定する

投稿済みの記事のカテゴリーをあとから設定することもできます。画面左側「投稿」の中にある「投稿一覧」をクリックして下さい。

投稿済みの記事のカテゴリーを設定する(1)

「投稿」画面が表示されます。投稿した記事の一覧が表示されます。

投稿済みの記事のカテゴリーを設定する(2)

記事一覧にはカテゴリーの列があり、現在各記事に設定されているカテゴリ―が表示されています。

投稿済みの記事のカテゴリーを設定する(3)

それでは投稿済みの記事のカテゴリーを設定してみます。編集を行いたい記事にマウスを合わせ、表示されたメニューの中から「編集」をクリックして下さい。

投稿済みの記事のカテゴリーを設定する(4)

「投稿の編集」画面が表示されます。

投稿済みの記事のカテゴリーを設定する(5)

右サイドバーに表示されているカテゴリーのブロックを見て下さい。現在カテゴリーとして設定されている「未分類」にチェックが入っています。

投稿済みの記事のカテゴリーを設定する(6)

今回は作成済みの「お出かけスポット」カテゴリーを選択してみます。「未分類」のチェックを外し、「お出かけスポット」をチェックします。(今回は行いませんが、複数のカテゴリーを記事に設定することができるので、「未分類」のチェックを残したままでも構いません)。

投稿済みの記事のカテゴリーを設定する(7)

記事の編集が終わりましたら記事を更新します。画面右上に表示されている「更新」をクリックして下さい。

投稿済みの記事のカテゴリーを設定する(8)

記事が更新されました。

投稿済みの記事のカテゴリーを設定する(9)

それではブログを表示して先ほどカテゴリーを変更した記事を閲覧してみます。

投稿済みの記事のカテゴリーを設定する(10)

記事タイトルの上に先ほど設定したカテゴリー名が表示されています。

カテゴリーを設定しなかった場合の扱い

WordPress ではカテゴリーを設定せずに記事を投稿すると、デフォルトカテゴリーと呼ばれるカテゴリー(初期値は「未分類」です)が自動的に設定されます。「投稿」画面を表示し記事の一覧を見てみると、カテゴリーを設定しなかった記事には「未分類」というカテゴリーが自動的に設定されていることが確認できます。

カテゴリーを設定しなかった場合の扱い(1)

デフォルトカテゴリーを削除することはできませんが、名前を変更することはできます。例えばデフォルトカテゴリ―の名前を「その他」としておけば、カテゴリーの設定を行わなかった記事には自動的にデフォルトカテゴリーである「その他」というカテゴリーが設定されます。デフォルトカテゴリーに関して詳しくは「デフォルトカテゴリーの設定」を参照されて下さい。

なお記事を投稿したあと記事を編集してデフォルトカテゴリーである「未分類」のチェックを外すと記事にカテゴリーが一つも設定されていない状態にすることはできます( 2020 年 6 月現在)。

カテゴリーを設定しなかった場合の扱い(2)

カテゴリーを設定しなかった場合の扱い(3)

カテゴリーをすべて外して記事を更新したあと、あらためて「投稿」画面を表示して記事の一覧を見てみると、先ほどの記事にはカテゴリーが設定されておらず「-」と表示されていいることが確認できます。

カテゴリーを設定しなかった場合の扱い(4)

※ ただこの状態でもパーマリンクにカテゴリーを使うように設定してみると、この記事のパーマリンクには「未分類」と表示されたので、内部的にはデフォルトカテゴリーが設定されている状態かもしれません。

-- --

記事にカテゴリーを設定する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。