開いたファイルの文字エンコードを自動判別するように設定

広告

Visual Studio Code のエディターでファイルを開くと、デフォルトの文字エンコードを使用しているものとしてファイルが開きます。この場合、デフォルトの文字エンコード以外で保存されているファイルを開くと文字化けして表示されてしまいます。そこで開いたファイルの文字エンコードを自動判別するように設定すると、ファイルに合わせて文字エンコードが変更されるので文字化けを防ぐことができます。ここでは Visual Studio Code で開いたファイルの文字エンコードを自動判別するように設定する方法について解説します。

文字エンコードの自動判別を有効にする

Visual Studio Code の文字エンコードの自動判別に関する設定をするには「ファイル」メニューの中にある「ユーザー設定」をクリックし、さらに表示されたサブメニューの中から「設定」をクリックしてください。

文字エンコードの自動判別を有効にする(1)

Visual Studio Code の設定画面が表示されます。

文字エンコードの自動判別を有効にする(2)

画面上部の検索ボックスに「Encoding」と入力してください。いくつか設定項目が表示されますが、「Files:Auto Guess Encoding」の設定項目が関係する設定項目です。

文字エンコードの自動判別を有効にする(3)

文字エンコードの自動判別を有効にするには「Files:Auto Guess Encoding」の下に表示されているチェックボックスにチェックをしてください。

文字エンコードの自動判別を有効にする(4)

これで設定は完了です。

では実際に試してみます。最初に文字エンコードとして UTF-8 を使って保存されたファイルを開いてみます。

文字エンコードの自動判別を有効にする(5)

問題なく表示されました。画面右下のステータスバーを確認すると、文字エンコードは UTF-8 と識別されています。

文字エンコードの自動判別を有効にする(6)

次に文字エンコードとして Shift_JIS を使って保存されたファイルを開いてみます。

文字エンコードの自動判別を有効にする(7)

こちらも問題なく表示されました。画面右下のステータスバーを確認すると、文字エンコードは Shift_JIS と識別されています。

文字エンコードの自動判別を有効にする(8)

このように文字エンコードの自動判別を有効にしておくことで、開こうとしているファイルで Visual Studio Code のデフォルト文字エンコードとは異なるファイルであっても文字化けすることなく開くことができます。

-- --

Visual Studio Code で開いたファイルの文字エンコードを自動判別するように設定する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。