現在のLook&Feelを確認する

広告

現在設定されているLook&Feelを確認します。UIManagerクラスで用意されている「getLookAndFeel」メソッドを使います。

現在の Look & Feel、または null を返します。

戻り値:
  現在の Look & Feel、または null

戻り値として現在設定されているLook&Feelを表すLookAndFeelクラスのオブジェクトを取得出来ます。

LookAndFeelクラス

LookAndFeelクラスの定義を確認します。クラス図は次のようになっています。

  • java.lang.Object
  • javax.swing.LookAndFeel
  • public abstract class LookAndFeel extends Object

LookAndFeelクラスはSwingアプリケーションで適用されるLook&Feelに関する定義を行うクラスです。取得したLookAndFeelクラスのオブジェクトから対してLook&Feelの識別名を取得するにはLookAndFeelクラスで定義されている「getName」メソッドを使います。

「CDE/Motif」など、この Look & Feel を識別する短い文字列を返します。こ
の文字列は、メニュー項目に適しています。Look & Feel は、それぞれ異なる
名前を持っています。たとえば、数個のコンポーネントの描画方法を変更する
MotifLookAndFeel のサブクラスは、「CDE/Motif My Way」などと呼ばれます。
こうした名前は、ユーザーが名前のリストから L&F を選択するときに便利です。

戻り値:
  この Look & Feel を識別する短い識別子

実際の使い方は次のようになります。

LookAndFeel laf = UIManager.getLookAndFeel();
System.out.println(laf.getName());

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

UIManagerTest2.java

import javax.swing.UIManager;
import javax.swing.LookAndFeel;

public class UIManagerTest2{

  public static void main(String[] args){
    LookAndFeel laf = UIManager.getLookAndFeel();
    System.out.println(laf.getName());
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

Metal

現在設定されているLook&Feelは「Metal」であることが分かります。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)