テキストフィールド内での文字列の位置

広告

テキストフィールド内での文字列の位置の設定について確認します。

水平方向の位置を指定するにはJTextFieldクラスで用意されているsetHorizontalAlignmentメソッドを使います。

テキストの水平配置を設定します。有効なキーは次のとおりです。

  * JTextField.LEFT
  * JTextField.CENTER
  * JTextField.RIGHT
  * JTextField.LEADING
  * JTextField.TRAILING 

配置が設定されると invalidate と repaint が呼び出され、PropertyChange イベント 
(horizontalAlignment) がトリガーされます。

パラメータ:
  alignment - 配置方法 
例外:
  IllegalArgumentException - alignment が有効なキーではない場合

引数には水平方向の位置を表す値を設定します。設定可能な値は次の通りです。

JTextField.LEFT       左詰
JTextField.CENTER     中央
JTextField.RIGHT      右詰
JTextField.LEADING    左詰
JTextField.TRAILING   右詰

※各値はjavax.swing.SwingConstantsインターフェースで定義されており、JTextFieldクラスはSwingConstantsインターフェースを実装したクラスです。

※LEADING(先頭)とTRAILING(末)は利用している言語によって位置が変わります。日本語や英語のように左から右へ文字を表示する場合は LEADINGが左詰でTRAILINGが右詰ですが、右から左へ文字を表示するのが普通の言語の場合にはLEADINGが右詰でTRAILINGが左詰となります。

実際の使い方は次のようになります。

JTextField text = new JTextField();

text.setHorizontalAlignment(JTextField.CENTER);

サンプルプログラム

では実際に試してみます。

SSample7_1.java

import javax.swing.JFrame;
import javax.swing.JPanel;
import javax.swing.JTextField;
import java.awt.Container;
import java.awt.BorderLayout;

class SSample7_1 extends JFrame{
  public static void main(String args[]){
    SSample7_1 frame = new SSample7_1("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  SSample7_1(String title){
    setTitle(title);
    setBounds(100, 100, 300, 250);
    setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);

    JPanel p = new JPanel();

    JTextField text1 = new JTextField("東京都千代田区神田", 20);
    text1.setHorizontalAlignment(JTextField.LEFT);

    JTextField text2 = new JTextField("東京都千代田区神田", 20);
    text2.setHorizontalAlignment(JTextField.CENTER);

    JTextField text3 = new JTextField("東京都千代田区神田", 20);
    text3.setHorizontalAlignment(JTextField.RIGHT);

    p.add(text1);
    p.add(text2);
    p.add(text3);

    Container contentPane = getContentPane();
    contentPane.add(p, BorderLayout.CENTER);
  }
}

ではコンパイルを行った上で実行してみます。

テキストフィールド内での文字列の位置

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)