JTableとは

広告

JTableはExcelのように表形式の形でデータを表示する際に使います。注意する点として、同じ列に含まれるデータのデータ型は同じである必要があります。つまりセルは1つ1つ独立しているわけではなく、1つの行に含まれる各項目の定義をしているのが"列"であり、データは行単位で追加されていくようなものです。

JTableのクラス図は下記のようになっています。

  • java.lang.Object
  • java.awt.Component
  • java.awt.Container
  • javax.swing.JComponent
  • javax.swing.JTable
  • public class JTable extends JComponent implements TableModelListener, Scrollable, TableColumnModelListener, ListSelectionListener, CellEditorListener, Accessible

まずはJTableがどんなものかを見ていただく為に、下記のサンプルプログラムを実行してみてください。

import javax.swing.*;
import java.awt.event.*;
import java.awt.BorderLayout;
import java.awt.Dimension;

public class SwingTest extends JFrame{

  private String[][] tabledata = {
    {"日本", "3勝", "0敗", "1分"},
    {"クロアチア", "3勝", "1敗", "0分"},
    {"ブラジル", "1勝", "2敗", "1分"},
    {"オーストラリア", "2勝", "2敗", "0分"}};

  private String[] columnNames = {"COUNTRY", "WIN", "LOST", "EVEN"};

  public static void main(String[] args){
    SwingTest test = new SwingTest("SwingTest");

    test.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    test.setVisible(true);
  }

  SwingTest(String title){
    setTitle(title);
    setBounds( 10, 10, 300, 200);

    JTable table = new JTable(tabledata, columnNames);

    JScrollPane sp = new JScrollPane(table);
    sp.setPreferredSize(new Dimension(250, 70));

    JPanel p = new JPanel();
    p.add(sp);

    getContentPane().add(p, BorderLayout.CENTER);
  }
}

実行結果は下記のようになります。

JTableの基本的な使い方

基本的な利用方法は上記のように表形式のデータを表示するために使います。JTableは大変機能が豊富な分、色々難しいのですけど一つ一つ見て行きましょう。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)