前景色を設定する

広告

スライダーで表示される文字列の色(前景色)を設定します。ここで対象となるのは目盛りと標準のラベルです。JSliderクラスの親クラスであるJComponentクラスで用意されている「setForeground」メソッドを使います。

このコンポーネントのフォアグラウンドカラーを設定します。このプロパティー
が受け付けられるかどうかは Look & Feel 次第であり、無視されることもあり
ます。 

パラメータ:
  fg - 要求するフォアグラウンド Color

引数に前景色として指定したいColorクラスのオブジェクトを指定します。Colorクラスについては『Colorクラス』を参照して下さい。

実際の使い方は次のようになります。

JSlider slider = new JSlider();
slider.setMajorTickSpacing(10);
slider.setPaintTicks(true);
slider.setLabelTable(slider.createStandardLabels(20));
slider.setPaintLabels(true);

slider.setForeground(Color.GREEN);

ラベルテーブルを自分で定義した場合には前景色の設定は反映されません。ラベルテーブルを自分で定義した場合に表示色を変更するにはラベルテーブルに登録するJComponentクラスのオブジェクトに個別に設定して下さい。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JSliderTest12.java

import javax.swing.*;
import java.awt.Color;
import java.awt.BorderLayout;

public class JSliderTest12 extends JFrame{

  public static void main(String[] args){
    JSliderTest12 frame = new JSliderTest12();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JSliderTest12(){

    JSlider slider = new JSlider();
    slider.setMajorTickSpacing(10);
    slider.setPaintTicks(true);
    slider.setLabelTable(slider.createStandardLabels(20));
    slider.setPaintLabels(true);
    slider.setForeground(Color.GREEN);

    JPanel p = new JPanel();
    p.add(slider);

    getContentPane().add(p, BorderLayout.CENTER);
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JSliderで前景色を設定する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)