進捗バーを不確定モードに設定する

広告

進捗バーで進捗を表示する対象となっている処理について、処理にかかる完成度合いを数値で判別することができずに現在どれくらい進捗しているのかを表示できない場合があります。このような時は進捗バーを不確定モードに設定することが出来ます。

不確定モードになっている間は、進捗を表すインジケータの代わりに処理を行っていることがわかる別の画面表示を行います(詳細は後のサンプルでご確認下さい)。不確定モードに設定するにはJProgressBarクラスで用意されている「setIndeterminate」メソッドを使います。

進捗バーの indeterminate プロパティーの値を設定します。 このプロパティー
は、進捗バーが確定モードであるか不確定モードであるかを指定します。不確定
モードの進捗バーは連続的にアニメーションを表示して、不明な長さの処理が行
われていることを示します。デフォルトでは、このプロパティーは false に設
定されます。一部の Look & Feel では、不確定モードの進捗バーがサポートさ
れていない可能性があります。その場合、このプロパティーは無視されます。

パラメータ:
  newValue - 進捗バーを不確定モードに切り替える場合は true、 通常モード
    に戻す場合は false

引数には現在のモードを表すboolean型の値を設定します。「true」を設定すると不確定モードとなり「false」を設定すると通常モードとなります。デフォルトの値はfalseです。

実際の使い方は次のようになります。

JProgressBar bar = new JProgressBar();
bar.setIndeterminate(true);

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JProgressBarTest9.java

import javax.swing.*;
import java.awt.BorderLayout;
import java.awt.event.*;

public class JProgressBarTest9 extends JFrame implements ActionListener{

  Timer timer;
  JButton startButton;
  JButton stopButton;
  JProgressBar bar;
  JLabel label;
  int count;

  public static void main(String[] args){
    JProgressBarTest9 frame = new JProgressBarTest9();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JProgressBarTest9(){
    count = 0;
    label = new JLabel("Not Start");

    JPanel labelPanel = new JPanel();
    labelPanel.add(label);

    startButton = new JButton("start");
    startButton.addActionListener(this);
    startButton.setActionCommand("start");

    stopButton = new JButton("stop");
    stopButton.addActionListener(this);
    stopButton.setActionCommand("stop");
    stopButton.setEnabled(false);

    JPanel buttonPanel = new JPanel();
    buttonPanel.add(startButton);
    buttonPanel.add(stopButton);

    bar = new JProgressBar(0, 100);
    bar.setValue(0);

    JPanel barPanel = new JPanel();
    barPanel.add(bar);

    timer = new Timer(100 , this);
    timer.setActionCommand("timer");

    getContentPane().add(labelPanel, BorderLayout.PAGE_START);
    getContentPane().add(buttonPanel, BorderLayout.PAGE_END);
    getContentPane().add(barPanel, BorderLayout.CENTER);
  }

  public void actionPerformed(ActionEvent e){
    String cmd = e.getActionCommand();

    if (cmd.equals("start")){
      startButton.setEnabled(false);
      stopButton.setEnabled(true);

      bar.setIndeterminate(true);

      timer.start();
    }else if (cmd.equals("stop")){
      startButton.setEnabled(true);
      stopButton.setEnabled(false);

      bar.setIndeterminate(false);

      timer.stop();
    }else if (cmd.equals("timer")){
      label.setText(count + " count");

      if (count >= 100){
        startButton.setEnabled(true);
        stopButton.setEnabled(false);

        timer.stop();

        bar.setValue(count);
        bar.setIndeterminate(false);

        count = 0;
      }else{
        count++;
        bar.setValue(count);
      }
    }
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JProgressBarで不確定モードに設定する

今回は処理を開始すると進捗バーを不確定モードに設定します。不確定モード中は進捗バー上で黒いボックスが常に左右に動いています。

JProgressBarで不確定モードに設定する

JProgressBarで不確定モードに設定する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)