パネルの背景色の設定と背景の透明/非透明の切り替え

広告

パネルは背景色を設定することができます。またパネルの背景は透明と非透明を切り替えることができます。ここではパネルの背景色の設定方法、および背景の透明/非透明の切り替え方法について解説します。

背景色を設定する

パネルの背景色を設定するには JPanel クラスの親クラスである JComponent クラスで用意されている setBackground メソッドを使います。

public void setBackground(Color bg)

このコンポーネントのバックグラウンド・カラーを設定します。 バックグラウンド・カラーは、コンポーネントが不透明である場合にのみ、JComponentまたはComponentUIの実装のサブクラスによってのみ使用されます。 JComponentの直接のサブクラスは、このプロパティを受け付けるためにpaintComponentをオーバーライドする必要があります。
このプロパティが受け付けられるかどうかはルック・アンド・フィールしだいであり、無視されることもあります。

オーバーライド:
setBackground 、クラス: Component

パラメータ:
bg - 要求するバックグラウンドColor

引数には色を表す Color クラスのオブジェクトを指定して下さい。( Color クラスの使い方は「Colorクラス」を参照して下さい)。

実際の使い方は次のようになります。

JPanel panel = new JPanel();
panel.setBackground(Color.GREEN);

なお JPanel では背景はデフォルトで非透明となっていますので、背景色を設定するだけで反映されます。

サンプルプログラム

それでは簡単なサンプルプログラムを作って試してみます。テキストエディタで次のように記述したあと、 JSample2_1.java という名前で保存します。

import javax.swing.JFrame;
import javax.swing.JPanel;
import javax.swing.JButton;
import java.awt.Container;
import java.awt.Color;
import java.awt.FlowLayout;
import java.awt.Dimension;

class JSample2_1 extends JFrame{
  public static void main(String args[]){
    JSample2_1 frame = new JSample2_1("MyTitle");
    frame.setVisible(true);
  }

  JSample2_1(String title){
    setTitle(title);
    setBounds(100, 100, 600, 400);
    setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);

    setLayout(new FlowLayout());

    JPanel panel1 = new JPanel();
    panel1.setPreferredSize(new Dimension(200, 100));
    panel1.setBackground(Color.RED);

    JButton button1 = new JButton("Open");
    panel1.add(button1);

    JPanel panel2 = new JPanel();
    panel2.setPreferredSize(new Dimension(200, 100));
    panel2.setBackground(Color.BLUE);

    JButton button2 = new JButton("Close");
    panel2.add(button2);

    Container contentPane = getContentPane();
    contentPane.add(panel1);
    contentPane.add(panel2);
  }
}

次のようにコンパイルを行います。

javac JSample2_1.java

背景色を設定する(1)

コンパイルが終わりましたら実行します。

java JSample2_1

2 つのパネルを作成しそれぞれに背景色を設定したあとでフレームに追加しています。

背景色を設定する(2)

背景の透明と非透明を切り替える

パネルの背景はデフォルトで非透明に設定されています。パネルの背景の透明/非透明の切り替えを行うには JPanel クラスの親クラスである JComponent クラスで用意されている setOpaque メソッドを使います。

public void setOpaque(boolean isOpaque)

trueの場合、コンポーネントはその境界内のすべてのピクセルをペイントします。 そうでない場合、コンポーネントはピクセルの一部または全部をペイントしないので、その下のピクセルが透けて表示されます。
JComponentに対するこのプロパティのデフォルト値は、falseです。 ただし、もっとも標準的なJComponentのサブクラス(JButtonおよびJTreeなど)に対するこのプロパティのデフォルト値は、ルック・アンド・フィールに依存します。

パラメータ:
isOpaque - このコンポーネントが不透明な場合はtrue

引数には透明にするかどうかを表す boolean 型の値を指定して下さい。 true を設定すると非透明になり、 false を設定すると透明になります。

実際の使い方は次のようになります。

JPanel panel = new JPanel();
panel.setOpaque(false);

サンプルプログラム

それでは簡単なサンプルプログラムを作って試してみます。テキストエディタで次のように記述したあと、 JSample2_2.java という名前で保存します。

import javax.swing.JFrame;
import javax.swing.JPanel;
import javax.swing.JButton;
import java.awt.Container;
import java.awt.Color;
import java.awt.FlowLayout;
import java.awt.Dimension;

class JSample2_2 extends JFrame{
  public static void main(String args[]){
    JSample2_2 frame = new JSample2_2("MyTitle");
    frame.setVisible(true);
  }

  JSample2_2(String title){
    setTitle(title);
    setBounds(100, 100, 600, 400);
    setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);

    setLayout(new FlowLayout());

    JPanel panel1 = new JPanel();
    panel1.setPreferredSize(new Dimension(200, 100));
    panel1.setOpaque(true);

    JButton button1 = new JButton("Open");
    panel1.add(button1);

    JPanel panel2 = new JPanel();
    panel2.setPreferredSize(new Dimension(200, 100));
    panel2.setOpaque(false);

    JButton button2 = new JButton("Close");
    panel2.add(button2);

    Container contentPane = getContentPane();
    contentPane.setBackground(Color.ORANGE);
    contentPane.add(panel1);
    contentPane.add(panel2);
  }
}

次のようにコンパイルを行います。

javac JSample2_2.java

背景の透明と非透明を切り替える(1)

コンパイルが終わりましたら実行します。

java JSample2_2

今回はフレームに背景色としてオレンジを設定したあと、 2 つのパネルをフレームに追加しています。 1 つ目のパネルは背景を非透明に設定し 2 つ目のパネルは背景を透明に設定しています。

背景の透明と非透明を切り替える(2)

-- --

パネルの背景色の設定方法、および背景の透明/非透明の切り替え方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。