JListクラスの定義

広告

JListクラスの定義を確認します。クラス図は次のようになっています。

  • java.lang.Object
  • java.awt.Component
  • java.awt.Container
  • javax.swing.JComponent
  • javax.swing.JList
  • public class JList extends JComponent implements Scrollable, Accessible

まずはJListがどんなものかを見ていただく為に、下記のサンプルプログラムを実行してみてください。

import javax.swing.*;
import java.awt.*;

public class JListSample extends JFrame{

  public static void main(String[] args){
    JListSample test = new JListSample("JListSample");

    /* 終了処理を変更 */
    test.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);

    test.setBounds( 10, 10, 250, 130);
    test.setVisible(true);
  }

  JListSample(String title){
    setTitle(title);

    /* JListの初期データ */
    String[] initData = {"Blue", "Green", "Red", "Whit", "Black"};
    JList list = new JList(initData);

    JScrollPane sp = new JScrollPane();
    sp.getViewport().setView(list);
    sp.setPreferredSize(new Dimension(200, 80));

    JPanel p = new JPanel();
    p.add(sp);

    getContentPane().add(p, BorderLayout.CENTER);
  }
}

実行結果は下記のようになります。

JListの定義

基本的な利用方法は上記のようにリストの表示するデータを与えてJListクラスのオブジェクトを作成します。表示は項目一覧が並べて表示されます。項目が多い場合にはスクロールして表示できるようにJScrollPaneを合わせて使います。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)