DefaultComboBoxModelクラスの定義とコンストラクタ

広告

JComboBoxクラスでデータ管理を行っているのがComboBoxModelインターフェースを実装したクラスとなります。

ComboBoxModelインターフェースにはサブインターフェースとしてMutableComboBoxModelインタフェースが用意されており、さらにMutableComboBoxModelインターフェースをの実装クラスであるDefaultComboBoxModelクラスが用意されています。ここからはDefaultComboBoxModelクラスを利用する方法を確認していきます。

DefaultComboBoxModelクラスの定義を確認します。クラス図は次のようになっています。

  • java.lang.Object
  • javax.swing.AbstractListModel
  • javax.swing.DefaultComboBoxModel
  • public class DefaultComboBoxModel extends AbstractListModel implements MutableComboBoxModel, Serializable

DefaultComboBoxModelクラスはAbstractListModelクラスのサブクラスとなっています。AbstractListModelクラスはDefaultComboBoxModelクラスの他にJListクラスのデータ管理を行うクラスであるDefaultListModelクラスなどの親クラスです。

DefaultComboBoxModelクラスのコンストラクタ

DefaultComboBoxModelクラスをを利用するにはコンストラクタを使ってDefaultComboBoxModelクラスのオブジェクトを作成します。どのようなコンストラクタが用意されているか確認してみます。

コンストラクタ
DefaultComboBoxModel()
空の DefaultComboBoxModel オブジェクトを構築します。
DefaultComboBoxModel(Object[] items)
オブジェクトの配列で初期化された DefaultComboBoxModel オブジェクトを構築します。
DefaultComboBoxModel(Vector<?> v)
ベクトルで初期化された DefaultComboBoxModel オブジェクトを構築します。

コンストラクタは3つ用意されています。データモデルで管理されるデータの初期データを設定するかどうかでコンストラクタを使い分けます。

では1番目のコンストラクタを確認してみます。

空の DefaultComboBoxModel オブジェクトを構築します。

実際の使い方は次のようになります。

DefaultComboBoxModel model = new DefaultComboBoxModel();

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)