コンボボックスの初期データをVectorクラスを使って設定する

広告

コンボボックスに表示される初期データをVectorクラスを使って設定する方法を確認します。次のコンストラクタを使用します。

指定された Vector に要素を格納する JComboBox を生成します。デフォルトで
は、ベクターの最初の項目と、それに伴うデータモデルが選択されます。

パラメータ:
  items - コンボボックスに挿入するベクターの配列

引数にはコンボボックスに表示したいノードを表すVectorクラスのオブジェクトを指定します。Vectorクラスの型は通常はString型を指定します。

実際の使い方は次のようになります。

Vector<String> combodata = new Vector<String>();
combodata.add("Swing");
combodata.add("Java2D");
combodata.add("Java3D");
combodata.add("JavaMail");
JComboBox combo = new JComboBox(combodata);

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JComboBoxTest3.java

import javax.swing.*;
import java.awt.BorderLayout;
import java.util.Vector;

public class JComboBoxTest3 extends JFrame{

  public static void main(String[] args){
    JComboBoxTest3 frame = new JComboBoxTest3();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JComboBoxTest3(){
    Vector<String> combodata = new Vector<String>();
    combodata.add("Swing");
    combodata.add("Java2D");
    combodata.add("Java3D");
    combodata.add("JavaMail");

    JComboBox combo = new JComboBox(combodata);

    JPanel p = new JPanel();
    p.add(combo);

    getContentPane().add(p, BorderLayout.CENTER);
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JComboBoxでVectorを使って初期データを設定する

Vectorに最初に追加したデータがデフォルトで選択されています。コンボボックスをクリックすると初期データとして設定したデータ一覧が表示されます。

JComboBoxでVectorを使って初期データを設定する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)