データモデルで選択された項目を取得する

広告

コンボボックスで選択された項目を取得するにはJComboBoxクラスでメソッドが用意されていますが、データモデルのオブジェクトを使って取得することも出来ます。DefaultComboBoxModelクラスで用意されている「getSelectedItem」メソッドを使います。

選択項目を返します。

戻り値:
  選択項目。選択項目がない場合は null

戻り値として現在選択されている項目のオブジェクトを取得できます。

実際の使い方は次のようになります。

String[] combodata = {"Swing", "Java2D", "Java3D", "JavaMail"};
DefaultComboBoxModel model = new DefaultComboBoxModel(combodata);

String data = (String)model.getSelectedItem();

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JComboBoxTest15.java

import javax.swing.*;
import java.awt.Dimension;
import java.awt.BorderLayout;
import java.awt.event.*;

public class JComboBoxTest15 extends JFrame implements ItemListener{

  DefaultComboBoxModel model;
  JLabel label;

  public static void main(String[] args){
    JComboBoxTest15 frame = new JComboBoxTest15();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 300, 200);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JComboBoxTest15(){
    String[] combodata = {"Swing", "Java2D", "Java3D", "JavaMail"};
    model = new DefaultComboBoxModel(combodata);

    JComboBox combo = new JComboBox(model);
    combo.setPreferredSize(new Dimension(80, 30));
    combo.addItemListener(this);

    JPanel p = new JPanel();
    p.add(combo);

    label = new JLabel();

    JPanel labelPanel = new JPanel();
    labelPanel.add(label);

    getContentPane().add(p, BorderLayout.CENTER);
    getContentPane().add(labelPanel, BorderLayout.PAGE_END);
  }

  public void itemStateChanged(ItemEvent e) {
    if (e.getStateChange() == ItemEvent.SELECTED){
      String data = (String)model.getSelectedItem();
      label.setText(data);
    }
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JComboBoxでデータモデルを使って選択項目を取得する

コンボボックスで項目を選択すると、選択された項目を取得して画面下部のラベルに表示します。

JComboBoxでデータモデルを使って選択項目を取得する

JComboBoxでデータモデルを使って選択項目を取得する

今回はイベント処理で「ItemListener」を使っています。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)