選択した色を取得する

広告

カラーチューザーで選択されている色を取得する方法を確認します。JColorChooserクラスで用意されている「getColor」メソッドを使います。

カラーチューザから現在の色値を取得します。デフォルトでは、このメソッドは
色値をモデルに委譲します。

戻り値:
  カラーチューザの現在の色値

戻り値としてカラーチューザーで現在選択されている色を表すColorクラスのオブジェクトを指定します。Colorクラスについては『Colorクラス』を参照して下さい。

実際の使い方は次のようになります。

JColorChooser colorchooser = new JColorChooser();

Color color = colorchooser.getColor();

サンプルプログラム

では簡単なサンプルを作成して試してみます。

JColorChooserTest3.java

import javax.swing.*;
import java.awt.Color;
import java.awt.BorderLayout;
import java.awt.event.*;

public class JColorChooserTest3 extends JFrame implements ActionListener{

  JColorChooser colorchooser;
  JLabel colorLabel;

  public static void main(String[] args){
    JColorChooserTest3 frame = new JColorChooserTest3();

    frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
    frame.setBounds(10, 10, 450, 400);
    frame.setTitle("タイトル");
    frame.setVisible(true);
  }

  JColorChooserTest3(){
    colorLabel = new JLabel("選択した色が背景色として表示されます");
    colorLabel.setOpaque(true);

    colorchooser = new JColorChooser();

    JPanel selectPanel = new JPanel();

    JButton button = new JButton("change");
    button.addActionListener(this);
    selectPanel.add(button);

    getContentPane().add(colorchooser, BorderLayout.CENTER);
    getContentPane().add(colorLabel, BorderLayout.PAGE_START);
    getContentPane().add(selectPanel, BorderLayout.PAGE_END);
  }

  public void actionPerformed(ActionEvent e){
    Color color = colorchooser.getColor();
    colorLabel.setBackground(color);
  }
}

上記をコンパイルした後で実行すると次のように表示されます。

JColorChooserで選択された色を取得する

カラーチューザーで色を選択してボタンをクリックして下さい。

JColorChooserで選択された色を取得する

カラーチューザーで選択されていた色が画面上部のラベルの背景色に設定されます。

JColorChooserで選択された色を取得する

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)