ImageIconクラスの定義とコンストラクタ

広告

ImageIconクラスの定義を確認します。クラス図は次のようになっています。

public class ImageIcon
extends Object implements Icon, Serializable, Accessible
java.lang.Object
 L javax.swing.ImageIcon
  • java.lang.Object
  • javax.swing.ImageIcon
  • public class ImageIcon extends Object implements Icon, Serializable, Accessible

ImageIconクラスはIconインターフェースを実装したクラスです。Iconインターフェースは固定サイズの比較的小さいサイズの画像を取り扱うためのインターフェースです。

次にImageIconクラスのコンストラクタを見ていきます。

コンストラクタの概要
ImageIcon()
初期化されていないイメージアイコンを生成します。
ImageIcon(byte[] imageData)
サポートされている GIF、JPEG、PNG (1.3 以降) などのイメージ形式を格納しているイメージファイルから読み出されたバイト配列から、イメージアイコンを生成します。
ImageIcon(byte[] imageData, String description)
サポートされている GIF、JPEG、PNG (1.3 以降) などのイメージ形式を格納しているイメージファイルから読み出されたバイト配列から、イメージアイコンを生成します。
ImageIcon(Image image)
イメージオブジェクトからイメージアイコンを生成します。
ImageIcon(Image image, String description)
イメージからイメージアイコンを生成します。
ImageIcon(String filename)
指定されたファイルからイメージアイコンを生成します。
ImageIcon(String filename, String description)
指定されたファイルからイメージアイコンを生成します。
ImageIcon(URL location)
指定された URL からイメージアイコンを生成します。
ImageIcon(URL location, String description)
指定された URL からイメージアイコンを生成します。

コンストラクタは大きく分けて4種類あります。画像をビット配列から直接作成するには2番目及び3番目のコンストラクタを使用します。Imageクラスのオブジェクトから作成するには4番目と5番目を使います。ローカル環境にあるファイルを指定するには6番目と7番目を使います。他のサーバにある画像をURLで指定して作成するには8番目と9番目を使います。

Imageクラスとは画像データそのものを取り扱うためのものです。Graphcisクラスなどを使って画像を直接描画する場合などに使います。Imageクラスについては別のページで詳しく見ていきます。

では次のページから各コンストラクタを使った場合のImageIconクラスの使い方を確認していきます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)