GridBagLayoutクラスの定義とコンストラクタ

広告

GridBagLayoutクラスの定義を確認します。クラス図は次のようになっています。

  • java.lang.Object
  • java.awt.GridBagLayout
  • public class GridBagLayout extends Object implements LayoutManager2, Serializable

GridBagLayoutクラスのコンストラクタ

GridBagLayoutクラスをを利用するにはコンストラクタを使ってGridBagLayoutクラスのオブジェクトを作成します。どのようなコンストラクタが用意されているか確認してみます。

コンストラクタ
GridBagLayout()
グリッドバッグレイアウトマネージャーを作成します。

コンストラクタは1つ用意されています。ではコンストラクタを確認してみます。

グリッドバッグレイアウトマネージャーを作成します。

コンストラクタ自体には何も設定を行う要素がありません。細かい設定は「setConstraints」メソッドを使って行っていきます。

実際の使い方は次のようになります。

JPanel panel = new JPanel();
panel.setLayout(new GridBagLayout());

実際のサンプルなどは次のページ以降で行っていきます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。