Colorクラスの定義とコンストラクタ

広告

Colorクラスの定義を確認します。クラス図は次のようになっています。

public class Color
extends Object implements Paint, Serializable
java.lang.Object
 L java.awt.Color

次にColorクラスのコンストラクタを見ていきます。

コンストラクタの概要
Color(ColorSpace cspace, float[] components, float alpha)
float 配列で指定された色成分と指定されたアルファを使って、指定された ColorSpace の色を生成します。
Color(float r, float g, float b)
範囲 (0.0 ~ 1.0) の指定された赤、緑、青の値を使って、不透明な sRGB カラーを生成します。
Color(float r, float g, float b, float a)
範囲 (0.0 - 1.0) の指定された赤、緑、青、およびアルファ値を使って sRGB カラーを生成します。
Color(int rgb)
ビット 16-23 の赤色成分、ビット 8-15 の緑色成分、およびビット 0-7 の青色成分から合成された、指定された RGB 値を使って、不透明な sRGB カラーを生成します。
Color(int rgba, boolean hasalpha)
ビット 24 ~ 31 のアルファ成分、ビット 16 ~ 23 の赤色成分、ビット 8 ~ 15 の緑色成分、およびビット 0 ~ 7 の青色成分で構成される、指定された RGBA 値を持つ、sRGB カラーを生成します。
Color(int r, int g, int b)
範囲 (0 ~ 255) の指定された赤、緑、青の値を使って、不透明な sRGB カラーを生成します。
Color(int r, int g, int b, int a)
範囲 (0 - 255) の指定された赤、緑、青、およびアルファ値を使って sRGB カラーを生成します。

7つのコンストラクタが用意されています。基本は赤緑青を表すRGB(Red, Green, Blue)の割合を指定してどのような色かを定義します。またアルファ値を指定して色の透明度を指定することもできます。

それでは次のページからいくつかの色の指定方法を確認していきます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)