配列内の要素を逆順に並び替える(reverse)

Array クラスの reverse メソッドを使用すると、配列に格納されている各要素を逆の順番に並び替えることができます。ここでは Ruby で配列内の要素を逆順に並び替える方法について解説します。

(2021 年 06 月 30 日公開 / 2022 年 10 月 12 日更新)

配列内の要素を逆順に並び替える

Array クラスで用意されている reverse メソッドを使用すると、配列に格納されている各要素を逆の順場に並び替えることができます。

Arrayオブジェクト.reverse

reverse メソッドは配列に格納されている要素を逆の順番で格納した新しい配列を返します。

具体的には次のように記述します。

ary = [1, 2, 3, 4, 5]
newary = ary.reverse

この場合次のような新しい配列を取得します。

[5, 4, 3, 2, 1]

また reverse メソッドには reverse! メソッドも用意されています。

Arrayオブジェクト.reverse!

reverse! メソッドの場合には新しい配列を返すのではなく、対象の配列自身を逆順に並べ替えた配列に変更します。

サンプルコード

実際に試してみます。

# encoding: UTF-8

ary = [1, 2, 3, 5, 4, 3]
p ary

newary = ary.reverse
p newary

実行結果は次のようになります。

要素を逆順に並び替える

-- --

Ruby で配列内の要素を逆順に並び替える方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。