配列の指定した要素へオブジェクトを代入する

配列オブジェクトでインデックスで指定した要素に対してオブジェクトを代入することができます。ここでは Ruby で配列の指定した要素へオブジェクトを代入する方法について解説します。

(2021 年 06 月 30 日公開 / 2022 年 10 月 12 日更新)

インデックスで指定した要素にオブジェクトを代入する

要素に対して新しいオブジェクトを代入する場合は次のように行います。

配列オブジェクト[インデックス] = オブジェクト

要素に右辺に指定したオブジェクトを代入します。

具体的には次のように記述します。

ary = Array["赤", "あお", "緑"]
ary[1] = "青"

インデックスが「1」の要素に対して、新しいオブジェクトの「青」を代入しています。この結果、配列オブジェクトに含まれる各要素には「赤」「青」「緑」が順に代入されていることになります。

サンプルコード

では簡単なプログラムで確認してみます。

# encoding: UTF-8

ary = Array["赤", "あお", "緑"]

puts(ary[0])
puts(ary[1])
puts(ary[2])

ary[1] = "青"

puts(ary[0])
puts(ary[1])
puts(ary[2])

下記のように実行して下さい。

要素へのオブジェクトの代入

-- --

Ruby で配列の指定した要素へオブジェクトを代入する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。