DOTALLモード

広告

compileメソッドの引数としてPattern.DOTALLを指定するか、埋め込みフラグで(?s)を使用するとメタ文字の"."が行末記号にもマッチするようになります。

DOTALL モードを有効にします。

DOTALL モードでは、表現 . は行末記号を含む任意の文字にマッチします。デフォルトでは、この表
現は行末記号にマッチしません。

DOTALL モードは、埋め込みフラグ表現 (?s) を使用して有効にすることもできます。(s は
「single-line (単一行)」モードのニーモニック。Perl ではこう呼ばれている。) 

次のように記述します。

String regex = "pattern";
Pattern p = Pattern.compile(regex, Pattern.DOTALL);

埋め込みフラグ表現 (?s)を使って次のようにパターン内に記述することもできます。

String regex = "(?s)pattern";

具体的な例で考えてみます。次のようなパターンを定義しました。

"width.height"

ターゲット文字列毎に上記のパターンにマッチするかどうかの一覧が下記となります。

○ width height
× width¥nheight

では先ほどのパターンに"(?s)"を付けます。

"(?s)width.height"

"(?s)"が付けられるとメタ文字の"."が行末記号にもマッチするようになります。ターゲット文字列毎に上記のパターンにマッチするかどうかの一覧が下記となります。

○ width height
○ width¥nheight

サンプルプログラム

では実際に試してみます。

JSample4_1.java

import java.util.regex.Pattern;
import java.util.regex.Matcher;

class JSample4_1{
  public static void main(String args[]){
    String str1 = "width height";
    String str2 = "width¥nheight";

    String regex1 = "width.height";
    Pattern p1 = Pattern.compile(regex1);

    String regex2 = "(?s)width.height";
    Pattern p2 = Pattern.compile(regex2);

    String regex3 = "width.height";
    Pattern p3 = Pattern.compile(regex3, Pattern.DOTALL);

    System.out.println("パターン : " + regex1);

    check(p1, str1);
    check(p1, str2);

    System.out.println("パターン : " + regex2);

    check(p2, str1);
    check(p2, str2);

    System.out.println("¥nPattern.compile(regex, Pattern.DOTALL)");
    System.out.println("パターン : " + regex3);

    check(p3, str1);
    check(p3, str2);
  }

  private static void check(Pattern p, String target){
    Matcher m = p.matcher(target);

    if (m.find()){
      System.out.println("○ " + target);
    }else{
      System.out.println("× " + target);
    }
  }
}

ではコンパイルを行った上で実行してみます。

p4-1

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)