文字列の先頭(¥A)

広告

文字列の先頭の位置にマッチするパターンを記述するにはメタ文字の1つである"¥A"を使います。

書式は次の通りです。

"¥Aパターン"

パターンには"¥A"を除いたパターンを記述します。

"^"が行の先頭にマッチしたのに対して"¥A"は文字列の先頭にマッチします。その為、ターゲット文字列の中に行末文字が含まれていてもいなくても、常に文字列の先頭位置にだけマッチします。

具体的な例で考えてみます。"abc def"と"def abc"と言う2つの文字列に対してパターンを"abc"と指定した場合にはどちらの文字列にも"abc"は含まれているため、どちらもマッチします。

abc def
○ def abc

これに対してパターンを"¥Aabc"と記述した場合は、文の先頭に位置に"abc"がある場合だけマッチします。よって"abc def"にはマッチしますが"def abc"にはマッチしません。

abc def
× def abc

また"^"と異なりマルチラインモードになっている場合でも文字列の先頭にしかマッチしません。

× def¥nabc

具体的には次のように記述します。

String str = "abc def";
String regex = "¥¥Aabc";
Pattern p = Pattern.compile(regex);
Matcher m = p.matcher(str);

if (m.find()){
  System.out.println("マッチしました");
}else{
  System.out.println("マッチしません");
}

上記の場合はマッチします。

サンプルプログラム

では実際に試してみます。

JSample3_1.java

import java.util.regex.Pattern;
import java.util.regex.Matcher;

class JSample3_1{
  public static void main(String args[]){
    String str1 = "abc def";
    String str2 = "def abc";
    String str3 = "def¥nabc";

    String regex = "¥¥Aabc";
    Pattern p = Pattern.compile(regex);

    System.out.println("パターン : " + regex);

    check(p, str1);
    check(p, str2);
    check(p, str3);
  }

  private static void check(Pattern p, String target){
    Matcher m = p.matcher(target);

    if (m.find()){
      System.out.println("○ " + target);
    }else{
      System.out.println("× " + target);
    }
  }
}

ではコンパイルを行った上で実行してみます。

p3-1

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)