ワークブックをファイルに保存

広告

作成したワークブックをファイルに保存する方法を確認します。ファイルに保存するにはWorkbookインターフェースで定義されている「write」メソッドを使用します。

Write out this workbook to an Outputstream.

Parameters:
  stream - - the java OutputStream you wish to write to 
Throws:
  java.io.IOException - if anything can't be written.

メソッドを実行すると引数に指定したOutputStreamに対して出力を行います。

使い方としては下記のようになります。

Workbook wb = new HSSFWorkbook();

FileOutputStream out = new FileOutputStream("filename.xls");
wb.write(out);
out.close();

※実際には例外処理を行う必要があります。具体的には末尾のサンプルを参照して下さい。

ワークブックオブジェクトを作成し、そのワークブックをファイルに書き出すことでExcelのファイルフォーマットで作成したファイルが作成されます。作成したファイルはExcelを使って開いて見ることが可能です。

サンプルプログラム

実際に試してみましょう。

Sample2_1.java

import org.apache.poi.hssf.usermodel.HSSFWorkbook;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Workbook;
import java.io.*;

public class Sample2_1{
  public static void main(String[] args){
    Workbook wb = new HSSFWorkbook();

    FileOutputStream out = null;
    try{
      out = new FileOutputStream("sample2_1.xls");
      wb.write(out);
    }catch(IOException e){
      System.out.println(e.toString());
    }finally{
      try {
        out.close();
      }catch(IOException e){
        System.out.println(e.toString());
      }
    }
  }
}

コンパイルを行い実行してみると、次のように「sample2_1.xls」というファイルが作成されます。

ワークブックをファイルに保存

では作成されたファイルをExcelを使って開いてみます。

ワークブックをファイルに保存

上記のようなエラーが表示されます。これは作成したワークブックにシートが一つも存在しないためのもので今回は「OK」ボタンを押して下さい。

ワークブックをファイルに保存

作成したファイルを開くことができました。実際には先ほどのエラーでもお分かりのようにワークブックにはシートが最低でも一つは含まれていなければなりません。シートを追加する方法はこの後のページで確認します。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)