フォントの設定

広告

フォントに関するスタイルを設定するには、まずorg.apache.poi.ss.usermodel.Fontインターフェースを実装したクラスのオブジェクトを作成します。そして作成されたオブジェクトに対してFontインターフェースで用意されているメソッドを使って色々な設定を行います。

ではまずFontインターフェースを実装したクラスのオブジェクトを作成します。作成するにはWorkbookインターフェースで用意されているcreateFontメソッドを使います。

Create a new Font and add it to the workbook's font table

Returns:
  new font object

メソッドを実行すると新しいFontインターフェースを実装したクラスのオブジェクトを作成します。

実際の使い方は次のようになります。

Workbook wb = new HSSFWorkbook();
Font font = wb.createFont();

このオブジェクトに対して設定を行っていきます。

フォント名の設定

フォント名を設定するにはFontインターフェースで用意されているsetFontNameメソッドを使います。

set the name for the font (i.e. Arial)

Parameters:
  name - String representing the name of the font to use

引数には"Arial"などのようにフォント名を文字列で指定して下さい。

フォントサイズの設定

フォントサイズを設定するにはFontインターフェースで用意されているsetFontHeightInPointsメソッドを使います。

set the font height

Parameters:
  height - height in the familiar unit of measure - points

引数にはフォントサイズをshort型の値として指定します。単位はポイントです。

色の設定

フォントの色を設定するにはFontインターフェースで用意されているsetColorメソッドを使います。

set the color for the font

Parameters:
  color - to use

引数には線の色を表すshort型の値を指定します。標準パレットに含まれている色については「org.apache.poi.ss.usermodel.IndexedColors」にて列挙型として定義されています。列挙されている値や指定方法は「前景色と背景色」を参照して下さい。

フォントの装飾の設定

フォントの装飾はボールド、イタリック、アンダーライン、取り消し線の4つが指定可能です。まずボールドを設定するにはFontインターフェースで用意されているsetBoldweightメソッドを使います。

--

指定可能な値はFontインターフェースで定義されており Font.BOLDWEIGHT_BOLD か Font.BOLDWEIGHT_NORMAL のいずれかです。ボールドを設定したい場合には Font.BOLDWEIGHT_BOLD を指定して下さい。

イタリックを設定するにはFontインターフェースで用意されているsetItalicメソッドを使います。

set whether to use italics or not

Parameters:
  italic - italics or not

引数にはboolean型の値を指定します。イタリックを設定したい場合にはtrueを指定して下さい。

アンダーラインを設定するにはFontインターフェースで用意されているsetUnderlineメソッドを使います。

set type of text underlining to use

Parameters:
  underline - type

引数にはアンダーラインの種類を表すbyte型の値を指定します。指定可能な値はFontインターフェースで定義されており次のいずれかです。

Font.U_NONE
Font.U_SINGLE
Font.U_DOUBLE
Font.U_SINGLE_ACCOUNTING
Font.U_DOUBLE_ACCOUNTING

取り消し線を設定するにはFontインターフェースで用意されているsetStrikeoutメソッドを使います。

set whether to use a strikeout horizontal line through the text or not

Parameters:
  strikeout - or not

引数にはboolean型の値を指定します。取り消し線を設定したい場合にはtrueを指定して下さい。

フォントをスタイルに設定

フォントをスタイルに設定するにはCellStyleインターフェースで用意されているsetFontメソッドを使います。

set the font for this style

Parameters:
  font - a font object created or retreived from the Workbook object

引数にはFontインターフェースを実行したクラスのオブジェクトを指定して下さい。

実際の使い方は次のようになります。

Workbook wb = new HSSFWorkbook();
Font font = wb.createFont();
font.setBoldweight(Font.BOLDWEIGHT_BOLD);
font.setFontHeightInPoints((short)20);

CellStyle style = wb.createCellStyle();
style.setFont(font);

フォントサイズとボールドを設定したフォントをスタイルに設定しています。

サンプルプログラム

実際に試してみましょう。

Sample5_1.java

import org.apache.poi.hssf.usermodel.HSSFWorkbook;
import org.apache.poi.ss.usermodel.*;
import org.apache.poi.openxml4j.exceptions.InvalidFormatException;
import java.io.*;

public class Sample5_1{
  public static void main(String[] args){
    Workbook wb = new HSSFWorkbook();
    Sheet sheet = wb.createSheet();
    sheet.setColumnWidth(1, 4096);
    sheet.setColumnWidth(2, 4096);

    Row row1 = sheet.createRow(1);
    Row row2 = sheet.createRow(2);

    Cell cell1_1 = row1.createCell(1);
    cell1_1.setCellValue("Sample");

    Cell cell2_1 = row2.createCell(1);
    cell2_1.setCellValue("Sample");

    Font font1 = wb.createFont();
    font1.setBoldweight(Font.BOLDWEIGHT_BOLD);
    font1.setFontHeightInPoints((short)14);

    Font font2 = wb.createFont();
    font2.setItalic(true);
    font2.setFontHeightInPoints((short)20);
    font2.setFontName("Century Gothic");

    CellStyle style1 = wb.createCellStyle();
    style1.setFont(font1);
    cell1_1.setCellStyle(style1);

    CellStyle style2 = wb.createCellStyle();
    style2.setFont(font2);
    cell2_1.setCellStyle(style2);

    FileOutputStream out = null;
    try{
      out = new FileOutputStream("sample5_1.xls");
      wb.write(out);
    }catch(IOException e){
      System.out.println(e.toString());
    }finally{
      try {
        out.close();
      }catch(IOException e){
        System.out.println(e.toString());
      }
    }
  }
}

フォントを設定した2つのスタイルを作成し、別々のセルに対して設定しています。それでは作成されたExcelファイルを開いてみます。

フォントの設定

フォントサイズやフォント名、フォントの装飾などが設定されていることが確認できます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)