指定の列の幅を設定

広告

シートに含まれる特定の列の幅を設定する方法を確認します。幅を設定するにはSheetインターフェースで用意されているsetColumnWidthメソッドを使います。

Set the width (in units of 1/256th of a character width)

The maximum column width for an individual cell is 255 characters. This value represents 
the number of characters that can be displayed in a cell that is formatted with the 
standard font. 

Parameters:
  columnIndex - - the column to set (0-based)
  width - - the width in units of 1/256th of a character width

1番目の引数に列のインデックス、2番目の引数に列の幅を指定します。列のインデックスは一番左の列が0で順に1、2、と続きます。列の幅の指定方法は1文字の幅を1/256にしたものが単位となります。例えば1024を指定すると4文字分の幅に設定されます。

※フォントによっては文字の幅は文字によって異なりますが、どの文字を基準として計算しているかは分かりません。

実際の使い方は次のようになります。

InputStream in = new FileInputStream("filename.xls");
Workbook wb = WorkbookFactory.create(in);
Sheet sheet = wb.getSheetAt(0);

sheet.setColumnWidth(1, 4096);

この場合、インデックスが1の列の幅が16文字分の幅に設定されます。

なお指定の列の幅を取得するにはSheetインターフェースで用意されているgetColumnWidthメソッドを使います。

get the width (in units of 1/256th of a character width )

Parameters:
  columnIndex - - the column to set (0-based) 
Returns:
  width - the width in units of 1/256th of a character width

1番目の引数に列のインデックスを指定すると、その列の幅を返してくれます。単位は先ほどと同じです。

サンプルプログラム

実際に試してみましょう。

Sample6_1.java

import org.apache.poi.hssf.usermodel.HSSFWorkbook;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Workbook;
import org.apache.poi.ss.usermodel.Sheet;
import java.io.*;

public class Sample6_1{
  public static void main(String[] args){
    Workbook wb = new HSSFWorkbook();
    Sheet sheet = wb.createSheet();

    sheet.setColumnWidth(2, 4096);
    sheet.setColumnWidth(3, 768);

    FileOutputStream out = null;
    try{
      out = new FileOutputStream("sample6_1.xls");
      wb.write(out);
    }catch(IOException e){
      System.out.println(e.toString());
    }finally{
      try {
        out.close();
      }catch(IOException e){
        System.out.println(e.toString());
      }
    }
  }
}

コンパイル後に実行するとシートのインデックス2の列の幅を16文字分の幅に設定し、インデックス3の列の幅を3文字分の幅に設定します。それでは作成されたファイルをExcelで開いてみます。

指定の列の幅を設定

インデックス2の列とインデックス3の列の幅が変更されていることが確認できます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)