gettype関数の使い方(変数の型を取得)

PHP で用意されている組み込み関数の一つである gettype 関数の使い方です。 gettype 関数は引数に指定した変数に現在設定されている型を取得します。

gettype 関数は次のように定義されています。

gettype
string gettype(mixed var)
引数に指定した変数に現在設定されている型を返します。

引数:
  var  調べる変数。 
返り値:
  型を表す文字列。取り得る値は以下のどれかとなります。
     boolean
     integer
     double
     string
     array
     object
     resource
     null
     unknown type

帰ってくる型を表す文字列は変更される可能性があるようなので、返り値の文字列で型を判別するような利用方法ではなく、あくまで型の確認のため画面に表示させるような用途で使用します。

サンプルコード

では実際に試してみます。

<html>
<head><title>PHP TEST</title></head>
<body>

<?php

function dispKekka($var, $var_kata){
    print('変数に格納されている値は'.$var.'です<br>');
    print('変数の型は'.$var_kata.'です<br><br>');
}

$var = 'abcdef';
$var_kata = gettype($var);
dispKekka($var, $var_kata);

$var = 123;
$var_kata = gettype($var);
dispKekka($var, $var_kata);

$var = 123.45;
$var_kata = gettype($var);
dispKekka($var, $var_kata);

$var = NULL;
$var_kata = gettype($var);
dispKekka($var, $var_kata);

?>
</body>
</html>

上記のファイルを Web サーバに設置しブラウザ経由で見ると下記のように表示されます。

gettypeのテスト

-- --

PHP で用意されている組み込み関数の一つである gettype 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

サイト内検索
広告