exit/die関数の使い方(スクリプトを終了する)

PHP で用意されている組み込み関数の一つである exit 関数および die 関数の使い方です。 exit 関数および die 関数はエラーが発生した場合などにスクリプトを終了させるために使用します。

(2022 年 09 月 28 日公開 / 2022 年 09 月 28 日更新)

exit関数およびdie関数の書式と基本的な使い方

exit 関数は次のように定義されています。

exit
void exit([string status])
スクリプトの実行を終了します。終了直前に status を出力します。

引数:
  status  出力するメッセージ

※「die」関数は「exit」関数のエイリアスです。

ファイルを開いたりデータベースへ接続などが失敗した場合、その後処理を続けない場合などにスクリプトを終了させる場合に使います。引数を指定した場合には画面に文字列を出力することが出来ますが、エラーメッセージなどを表示するケースが多いようです。

サンプルコード

では実際に試してみます。

<html>
<head><title>PHP TEST</title></head>
<body>

<?php

print('処理は次で終了です<br>');

die('スクリプトを終了します<br>');

print('この部分は表示されません');

?>
</body>
</html>

上記ファイルを Web サーバに設置しブラウザ経由で見ると下記のように表示されます。

dieのテスト

-- --

PHP で用意されている組み込み関数の一つである exit 関数および die 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

Twitterでシェアする
広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。