変数の型

広告

数値や文字列などの値には型が存在しますが、PHPの変数はどの型の値でも同じように格納することができます。その為、変数にどういった型の値が格納されるのか宣言する必要はありません。

$name = 'Yamada';
$old = 24;

またある値が格納された変数に対して別のデータ型の値を再度格納することもできます。

$var = 'Yamada';
$var = 24;

変数に型が存在しないわけではなく、格納された値の型に自動的に変更されます。

サンプルコード

では簡単なプログラムで試して見ます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>PHPテスト</title>
</head>
<body>

<p>PHPのテストです。</p>

<p>
<?php
$var = '高橋';
print '[値]'.$var.',';
print '[型]'.gettype($var).'<br />';

$var = 180;
print '[値]'.$var.',';
print '[型]'.gettype($var)
?>
</p>

</body>
</html>

上記のファイルをWWWサーバのドキュメントルート以下に設置しブラウザからアクセスすると次のように表示されます。

変数の型

今回のサンプルで使われている「gettype」関数は引数の値や変数の型を調べるのに使います。格納された値に応じて変数のデータ型も変わっていることが確認できます。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

プログラミングや開発環境構築の解説サイトを運営しています。