exit関数の使い方(Perlスクリプトを終了する)

Perl で用意されている組み込み関数の一つである exit 関数の使い方です。 exit 関数は実行している Perl スクリプトを終了します。

(2022 年 09 月 27 日公開 / 2022 年 09 月 27 日更新)

exit関数の書式と基本的な使い方

exit 関数は次のように定義されています。

exit
exitfined([EXPR])
実行しているPerlスクリプトを終了します。

パラメータ:
  EXPR  スクリプトが返すステータスコード
戻り値:

1番目の引数にはスクリプトの終了時にスクリプトが返すスタータスコードを指定します。省略された場合はステータスコードとして「0」が使用されます。一般的にプログラムが正常に終了した場合はステータスコードとして「0」を返し、正常ではない終了をした場合は「0」以外の値(例えば「1」)をステータスコードとして返します。

なお「exit」関数が実行された時点でプログラムは終了しますが、特殊なルーチンであるENDルーチンなどは終了前に実行されます。(ENDルーチンとはデストラクタのようなものです)。

具体的には次のように記述します。

exit(0);
サンプルコード

では簡単なプログラムで確認してみます。

use strict;
use warnings;
use utf8;
binmode STDIN, ':encoding(cp932)';
binmode STDOUT, ':encoding(cp932)';
binmode STDERR, ':encoding(cp932)';

while (my $line = <STDIN>){
  chomp($line);

  if ($line eq "end"){
    print "終了します\n";
    exit(0);
  }else{
    print "$line\n";
  }
}

上記を「test1-1.pl」の名前で保存します(文字コードはUTF-8です)。そしてコマンドプロンプトを起動し、プログラムを保存したディレクトリに移動してから次のように実行して下さい。

exit関数

プログラムを実行すると入力待ちとなります。今回のサンプルではキーボードから入力された値を画面に表示するだけのものです。

exit関数

特定の文字列(今回は「end」)を入力した場合にプログラムが終了します。

exit関数

-- --

Perl で用意されている組み込み関数の一つである exit 関数の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

サイト内検索
広告