Webページの最終更新日や文字エンコーディングを取得する(document.characterSet,他)

広告

window.document オブジェクトで用意されているプロパティを参照することで、現在ブラウザで表示している Web ページの文字エンコーディングや最終更新日といった情報を取得することができます。ここでは JavaScript を使って Web ページに関する情報を取得する方法について解説します。

Webページに関する情報を取得する

window.document オブジェクトでは現在表示している Web ページに関する取得するためのプロパティとして次のものが用意されています。

document.characterSet  Webページの文字エンコーディング
document.contentType   WebページのContent-Type
document.domain        Webページのドメイン
document.lastModified  Webページの最終更新日
document.referrer      現在のWebページへのリンク元
document.title         Webページのタイトル
document.URL           WebページのURL

ほとんどのプロパティが読み取り専用のプロパティですが、 document.title プロパティと document.domain プロパティについては値を設定することができます。

※ document.domain プロパティに対する値の設定は、現在のドメインまたは現在のドメインの上位ドメインのみ設定が可能です。例えば現在のドメインが www.example.com だった場合は、同じドメインの www.example.com や上位ドメインの example.com に変更できます。これは同一生成元ポリシーに関連して行われる設定です。

サンプルコード

次のサンプルを見てください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>サンプル</title>
</head>
<body>

<h1>サンプル</h1>

<p id="msg">Webページの情報を表示します。</p>

<script>
let element = document.getElementById('msg');

let documentInfo = 
'characterSet: ' + document.characterSet + '<br>' +
'contentType: ' + document.contentType + '<br>' +
'domain: ' + document.domain + '<br>' +
'lastModified: ' + document.lastModified + '<br>' +
'referrer: ' + document.referrer + '<br>' +
'title: ' + document.title + '<br>' +
'URL: ' + document.URL + '<br>';

element.insertAdjacentHTML('afterend', '<p>' + documentInfo + '</p>');
</script>

</body>
</html>

ブラウザで Web ページを表示すると、ブラウザに表示されている Web ページに関する情報を表示します。

Webページに関する情報を取得する(1)

-- --

JavaScript を使って Web ページに関する情報を取得する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。