ディスプレイの画面サイズや色の情報を取得する(screen.width,sreen.height,他)

広告

JavaScript を使ってディスプレイの画面サイズや色の情報を取得する方法について解説します。 windows.screen オブジェクトの width プロパティおよび height プロパティでディスプレイの幅と高さを参照することができ、 colorDepth プロパティや pixelDepth プロパティを参照することでディスプレイの色深度やビット深度を参照することができます。

ディスプレイの画面サイズと色情報を取得する

window.screen オブジェクトではディスプレイの画面サイズと色情報を取得するためのプロパティとして次のものが用意されています。

screen.availWidth   ディスプレイの利用可能な幅
screen.availHeight  ディスプレイの利用可能な高さ
screen.width        ディスプレイの幅
screen.height       ディスプレイの高さ
screen.colorDepth   ディスプレイの色深度
screen.pixelDepth   ディスプレイのビット深度

ディスプレイの幅と高さについては width プロパティと height プロパティで参照できますが、スマートフォンの機種によってはディスプレイ内にでっぱり部分があるものがあり実際に利用可能な幅と高さが少なくなることがあります。その場合は availWidth プロパティと availHeight プロパティを参照されてください。

ディスプレイの色深度とビット深度の違いについては分かりませんでした。どちらもディスプレイで使用している色のビット数を返します。例えば RGB (赤/緑/青) の各色ごとに 8 ビットずつ用意されている場合、色深度とビット深度は 24 となります。(不透明度を表すアルファチャンネル 8 ビットを加えて 32 となる場合もあります)。

サンプルコード

次のサンプルを見てください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>サンプル</title>
</head>
<body>

<h1>サンプル</h1>

<p id="msg">ディスプレイのサイズと色の情報を表示します</p>

<script>
let element = document.getElementById('msg');

let screenInfo = 
'availWidth:' + screen.availWidth + '<br>' +
'availHeight:' + screen.availHeight + '<br>' +
'Width:' + screen.width + '<br>' +
'Height:' + screen.height + '<br>' +
'ColorDepth:' + screen.colorDepth + '<br>' +
'PixelDepth:' + screen.pixelDepth;

element.insertAdjacentHTML('afterend', '<p>' + screenInfo + '</p>');
</script>

</body>
</html>

ブラウザで Web ページを表示すると、ブラウザが起動しているディスプレイのサイズと色に関する情報を表示します。下記は Windows 上で表示した場合です。

ディスプレイの画面サイズと色情報を取得する(1)

下記は iPhone 上で表示した場合です。

ディスプレイの画面サイズと色情報を取得する(2)

それぞれの環境でディスプレイの画面サイズと色の情報について取得しました。

-- --

JavaScript を使ってディスプレイの画面サイズや色の情報を取得する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。