文字列を先頭または末尾から空白を取り除く(trim, trimStart, trimEnd)

広告

String オブジェクトのインスタンスメソッドである trim は、対象の文字列の先頭および末尾から空白を取り除いた新しい文字列を返します。また trimStart は文字列の先頭から、 trimEnd は文字列の末尾から空白を取り除きます。ここでは String オブジェクトの trim メソッド、 trimStart メソッド、 trimEnd メソッドの使い方について解説します。

文字列の先頭及び末尾から空白を取り除く(trim)

String オブジェクトの trim メソッドは、対象の文字列の先頭および末尾から空白を取り除いた新しい文字列を返します。書式は次のとおりです。

文字列.trim()

文字列の先頭及び末尾から空白を取り除いた新しい文字列を返します。空白とは空白文字の他にタブや改行などが含まれます。

次のサンプルをみてください。

let str = '  My Watch ';

console.log('\'' + str.trim() + '\'');
--> 'My Watch'

文字列の先頭及び末尾から空白を取り除く(trim)(1)

対象の文字列の先頭および末尾にある空白を取り除きました。文字列の先頭や末尾以外にある空白文字はそのままです。

文字列の先頭から空白を取り除く(trimStart)

String オブジェクトの trimStart メソッドは、対象の文字列の先頭から空白を取り除いた新しい文字列を返します。書式は次のとおりです。

文字列.trimStart()

文字列の先頭から空白を取り除いた新しい文字列を返します。空白とは空白文字の他にタブや改行などが含まれます。

次のサンプルをみてください。

let str = '  My Watch ';

console.log('\'' + str.trimStart() + '\'');
--> 'My Watch '

文字列の先頭から空白を取り除く(trimStart)(1)

対象の文字列の先頭にある空白を取り除きました。文字列の先頭や末尾以外にある空白文字はそのままです。

文字列の末尾から空白を取り除く(trimEnd)

String オブジェクトの trimEnd メソッドは、対象の文字列の末尾から空白を取り除いた新しい文字列を返します。書式は次のとおりです。

文字列.trimEnd()

文字列の末尾から空白を取り除いた新しい文字列を返します。空白とは空白文字の他にタブや改行などが含まれます。

次のサンプルをみてください。

let str = '  My Watch ';

console.log('\'' + str.trimEnd() + '\'');
--> '  My Watch'

文字列の末尾から空白を取り除く(trimEnd)(1)

対象の文字列の末尾にある空白を取り除きました。文字列の先頭や末尾以外にある空白文字はそのままです。

-- --

String オブジェクトの trim メソッド、 trimStart メソッド、 trimEnd メソッドの使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。