文字列の指定した位置にある文字のUnicodeコードポイントを取得する(codePointAt)

広告

String オブジェクトのインスタンスメソッドである codePointAt は、文字列の指定した位置にある文字の Unicode コードポイントを取得します。ここでは String オブジェクトの codePointAt メソッドの使い方について解説します。

※ UTF-16 文字コードを取得する場合は charCodeAt メソッドを使ってください。(詳細は「文字列の指定した位置にある文字のUTF-16文字コードを取得する(charCodeAt)」を参照されてください)。

指定位置のUnicodeコードポイントを取得する(codePointAt)

String オブジェクトの codePointAt メソッドは、対象の文字列の指定したインデックスが示す位置にある文字の Unicode コードポイントを取得します。書式は次のとおりです。

文字列.codePointAt(インデックス)

インデックスで指定した位置にある文字の Unicode コードポイントを戻り値として返します。インデックスは文字列の最初の文字が 0 、次の文字が 1 となります。範囲外のインデックスを指定した場合は undefined が返されます。

指定位置のUnicodeコードポイントを取得する(codePointAt)(1)

Unicode コードポイントは 0x0000 から 0x10FFFF (0 から 1114111) の間の数値を返します。サロゲートペアで表される文字についてはも Unicode コードポイントでは単一のコードポイントで表されます。サロゲートペアでない文字については UTF-16 文字コードと Unicode コードポイントは同じ値となります。

次のサンプルをみてください。

let word = '花言葉';

console.log(word.codePointAt(0));
--> 33457

console.log(word.codePointAt(2));
--> 33865

console.log(word.codePointAt(4));
--> undefined

指定位置のUnicodeコードポイントを取得する(codePointAt)(2)

インデックスに 0 、 2 、 4 をそれぞれ指定して文字を取得しています。インデックスの 4 は文字列の範囲外なので undefined を取得しています。

サロゲートペアで表される文字については次のようになります。

let word = '𪛊';

console.log(word.codePointAt(0));
--> 173770

console.log(word.codePointAt(1));
--> 57034

指定位置のUnicodeコードポイントを取得する(codePointAt)(3)

サロゲートペアで表される文字に対して、 1 つ目の Unicode コードポイントだけで文字を表すことができます。(内部的には UTF-16 で保存されているので、下位サロゲートの部分に対して codePointAt メソッドを呼び出すと UTF-16 文字コードと同じ値を取得するようです)。

※ サロゲートペアについては「JavaScriptにおけるサロゲートペアとは」を参照されてください。

-- --

String オブジェクトの charCodeAt メソッドの使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。