Google ChromeでJavaScriptの有効/無効を設定する

広告

ブラウザのひとつである Google Chrome で JavaScript の有効と無効を切り替える設定方法について解説します。

ChromeでJavaScriptの有効と無効を切り替える

Chrome を起動して下さい。

ChromeでJavaScriptの有効と無効を切り替える(1)

画面右上のメニューアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「設定」をクリックして下さい。

ChromeでJavaScriptの有効と無効を切り替える(2)

Chrome の設定画面が表示されます。

ChromeでJavaScriptの有効と無効を切り替える(3)

「プライバシーとセキュリティ」の中にある「サイトの設定」をクリックしてください。

ChromeでJavaScriptの有効と無効を切り替える(4)

「サイトの設定」画面が表示されます。

ChromeでJavaScriptの有効と無効を切り替える(5)

「JavaScript」と書かれた個所をクリックしてください。

ChromeでJavaScriptの有効と無効を切り替える(6)

Chrome で JavaScript を有効にするか無効にするかを設定する画面が表示されます。

ChromeでJavaScriptの有効と無効を切り替える(7)

次のように表示されていれば JavaScript は現在有効になっています。

ChromeでJavaScriptの有効と無効を切り替える(8)

JavaScript の確認用ページを表示してみると、 JavaScript が有効の場合は次のように表示されます。

ChromeでJavaScriptの有効と無効を切り替える(9)

JavaScript を無効にするのは、下記の部分をクリックしてください。 JavaScript が無効になります。

ChromeでJavaScriptの有効と無効を切り替える(10)

JavaScript の確認用ページを表示してみると、 JavaScript が無効の場合は次のように表示されます。

ChromeでJavaScriptの有効と無効を切り替える(11)

-- --

Google Chrome で JavaScript の有効と無効を切り替える設定方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。