typeof演算子

広告

typeof 演算子は対象の値のデータ型を表す文字列を返す演算子です。ここでは JavaScript における typeof 演算子の使い方について解説します。

typeof演算子の使い方

typeof 演算子は対象となる値のデータ型を表す文字列を返す演算子です。書式は次の通りです。

typeof 値

値には数値や文字列、オブジェクトなどの値を指定します。値に応じて返される値は次の通りです。

console.log(typeof 80);           // number
console.log(typeof 80n);          // bigint
console.log(typeof 'Pen');        // string
console.log(typeof true);         // boolean
console.log(typeof null);         // object
console.log(typeof NaN);          // number
console.log(typeof undefined);    // undefined
console.log(typeof Symbol('A'));  // symbol
console.log(typeof [10, 20]);     // object
console.log(typeof {a:'abc'});    // object

let func = function(){
  return;
};
console.log(typeof func);         // function

数値は 'number' 、文字列は 'string' 、論理値は 'boolean' などが返されます。配列などのオブジェクト型はすべて 'object' となりますが、関数だけは 'function' となります。なお null に対しては 'object' が返されるので注意してください。

typeof 演算子が返す値は文字列ですので、文字列と比較することができます。次のサンプルをみてください。

let num = 18;

if (typeof num === 'number'){
  console.log('数値です');
}

--> 数値です

typeof演算子の使い方(1)

対象となる値が数値かどうかを判別することができました。

-- --

対象となる値が数値かどうかを判別することができました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。