数値を指定の基数の形式で文字列に変換する(toString)

広告

Number オブジェクトのインスタンスメソッドである toString は、数値を指定の基数( 2 進数なら 2 、 16 進数なら 16 )で表した文字列を取得することができます。ここでは Number オブジェクトの toString メソッドの使い方について解説します。

指定の基数の形式で文字列に変換する(toString)

Number オブジェクトの toString メソッドは、対象の数値を指定した基数の形式で表した文字列を返します。書式は次のとおりです。

数値.toString([基数])

数値を 2 進数であらわした文字列を取得するには基数に 2 を、数値を 16 進数であらわした文字列を取得するには基数に 16 を指定してください。指定可能な値は 2 から 36 までです。基数は省略可能でデフォルトの値は 10 です。

次のサンプルをみてください。

let num = 78;

console.log(num.toString());
--> 78

console.log(num.toString(2));
--> 1001110

console.log(num.toString(16));
--> 4e

指定の基数の形式で文字列に変換する(toString)(1)

次は整数ではない値に対して toString メソッドを呼び出した場合です。

let num = 7.5;

console.log(num.toString());
--> 7.5

console.log(num.toString(2));
--> 111.1

console.log(num.toString(16));
--> 7.8

指定の基数の形式で文字列に変換する(toString)(2)

基数の範囲を超える値を指定した場合は RangeError エラーが発生します。

console.log((78).toString(40));
--> Uncaught RangeError: toString() radix argument must be between 2 and 36

指定の基数の形式で文字列に変換する(toString)(3)

なお整数の数値に対して直接 toString メソッドを実行する場合は、数値を括弧で囲うか数値のあとに空白を追加してください。

console.log(48.toString(2));
--> Uncaught SyntaxError: Invalid or unexpected token

console.log((48).toString(2)); // 数値を括弧で囲う
--> 110000

console.log(48 .toString(2)); // 数値のあとに空白を入れる
--> 110000

指定の基数の形式で文字列に変換する(toString)(4)

-- --

Number オブジェクトの toString メソッドの使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。