乱数を生成する(Math.random)

広告

Math オブジェクトの静的メソッドである Math.random は乱数を生成し返します。ここでは Math オブジェクトの Math.random メソッドの使い方について解説します。

乱数を生成する(random)

Math オブジェクトの Math.random メソッドは乱数を生成して返します。書式は次の通りです。

Math.random()

0 以上 1 未満のランダムな浮動小数点数を作成して返します。乱数におけるシード(乱数を生成する設定値のようなものでう)を指定することはできません。

次のサンプルをみてください。

for (let i = 0 ; i < 5 ; i++){
  console.log(Math.random());
}

>> 0.46734844249381324
>> 0.8023117892739917
>> 0.33077513353347476
>> 0.6943056771845824
>> 0.09784138022219802

0 以上 1 未満のランダムな値が 5 つ生成されました。この値は実行するたびに変わります。

例えば 1 以上 10 以下( 10 も含みます)のランダムな整数を得たい場合は次のように記述します。

for (let i = 0 ; i < 5 ; i++){
  let num = Math.floor(Math.random() * 10) + 1;
  console.log(num);
}

>> 10
>> 6
>> 8
>> 2
>> 6

※ for 文の中で使っている Math.floor メソッドは小数点以下の値を切り捨てるメソッドです。詳しくは「小数点以下を切り捨てる(floor)」を参照されてください。

より一般的に n 以上 m 以下のランダムな整数を得たい場合は次のように記述します。

function getRandam(n, m){
  for (let i = 0 ; i < 5 ; i++){
    let num = Math.floor(Math.random() * (m + 1 - n)) + n;
    console.log(num);
  }
};

getRandam(11, 20);

>> 19
>> 17
>> 20
>> 17
>> 11

-- --

Math オブジェクトの Math.random メソッドの使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。