JavaScriptの予約語

広告

JavaScript の言語仕様として特別な意味を持つ単語は予約語として登録されています(実際には ECMAScript で定義されています)。例えば条件分岐を記述する時に使用される if などが予約語です。変数名や関数名のの識別子として JavaScript の予約語は使用することができません。ここでは JavaScript の予約語の一覧について紹介します。

予約語の一覧(ECMAScript 2020)

ECMAScript 2020 (ES11) で規定されている予約語は次の通りです。(原文は「11.6.2 Keywords and Reserved Words」を参照されてください)。

await
break
case
catch
class
const
continue
debugger
default
delete
do
else
enum
export
extends
false
finally
for
function
if
import
in
instanceof
new
null
return
super
switch
this
throw
true
try
typeof
var
void
while
with
yield

他に strict mode で予約語として登録されているものがあります。

let
static
implements
interface
package
private
protected
public

また将来の予約語として登録されているものは次の通りです。

enum

予約語の禁止事項

予約語として登録されている単語は変数名や関数名には使用できません。例えば予約語である if を変数名として使用しようとするとエラーとなります。

let if = 10;
>> Uncaught SyntaxError: Unexpected token 'if'

また予約語である try を関数名として使用しようとするとエラーとなります。

function try(){
}
>> Uncaught SyntaxError: Unexpected token 'try'

このように JavaScript で予約語として登録されているものは変数名や関数名では使用できないのでご注意ください。

-- --

JavaScript の予約語の一覧について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。