HTML要素の属性としてイベントハンドラを登録する

広告

イベントハンドラを登録するには 3 つの方法がありますが、ここでは HTML 要素の属性としてイベントハンドラを登録する方法について解説します。なおこの方法では HTML のコードの中に JavaScript のコードが含まれることになり現在は推奨されていません。 DOM のプロパティを使用する方法またはイベントリスナーを使用する方法を使ってください。

HTML要素の属性としてイベントハンドラを登録する

HTML要素の属性を使ってイベントハンドラを登録する方法です。例えば input 要素でマウスでクリックしたときに実行するイベントハンドラを登録するには次のように記述します。

<input type="button" value="button" onclick="イベントハンドラ">

onclick 属性に対する値としてイベントハンドラを記述します。イベントハンドラの個所には実行する JavaScript のコードや関数を記述します。

イベントハンドラとして JavaScript のコードを直接記述するには次のように記述します。実行する文が一つの場合は末尾のセミコロンは省略できます。

<input type="button" value="button" onclick="console.log('Hello')">

複数の文を記述することもできます。最後の文以外には末尾にセミコロン(;)を忘れないようにしてください。

<input type="button" value="button" onclick="let d = new Date();console.log(d.toString())">

属性名はイベントの種類毎に異なります。 click イベントに対するイベントハンドラの登録には onclick 属性、 mousedown イベントに対するイベントハンドラを登録するには onmousedown 属性、のように on + イベント名 になります。どのようなイベントがあるのかについてはこのページの最後に記載しています。

※ HTML では属性名で大文字と小文字は区別しません。その為、 onclick="..." ではなく onCllick="..." や ONCLICK="..." のように記述することもできます。

サンプルコード

次のサンプルを見てください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>サンプル</title>
</head>
<body>

<p>ボタンをクリックしてください。</p>

<input type="button" value="button" onclick="alert('Hello')"> 

</body>
</html>

表示されたボタンをクリックすると、アラートダイアログを表示します。

HTML要素の属性としてイベントハンドラを登録する(1)

イベントハンドラで関数を呼びだす

イベントハンドラには JavaScript のコードを直接記述するほかに、別途定義した関数をイベントハンドラとして呼び出すこともできます。

<script>
    function butotnClick(){
        console.log('Hello');
    }
</script>

<input type="button" value="button" onclick="buttonClick()">

イベントハンドラとして別途定義した buttonClick 関数を呼びだしています。

HTMLの属性に対してイベントハンドラを登録する場合はコールバック関数を設定するのではなく単に外部に定義した関数を呼びだしています。その為、「関数名()」の形式で記述してください。関数を呼びだすときに任意の引数を指定することもできます。

サンプルコード

次のサンプルを見てください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>サンプル</title>
</head>
<body>

<p>ボタンをクリックしてください。</p>

<script>
    function buttonClick(){
        let d = new Date();
        console.log(d.toString());
    }
</script>

<input type="button" value="button" onclick="buttonClick()">

</body>
</html>

表示されたボタンをクリックすると、現在の日時を取得しコンソールに出力します。

HTML要素の属性としてイベントハンドラを登録する(1)

イベントの種類の一覧

HTML 要素の属性としてイベントハンドラを登録する場合は、処理を記述したいイベントの種類に対応した属性に対してイベントハンドラを記述する必要があります。設定可能なイベントの種類と属性の一覧は次のページを参照されてください。

8.1.7.2 Event handlers on elements, Document objects, and Window objects

非常に数多くのイベントハンドラ用の属性が用意されています。この中で比較的よく使用されると思われるものを簡単にご紹介します。

属性値イベントの種類
onclickマウスのボタンが要素の上でクリックされたとき
oncontextmenuマウスが右クリックされたとき
ondblclickマウスのボタンが要素の上でダブルクリックされたとき
onmousedownマウスが要素の上で押されているとき
onmouseupマウスのボタンが要素の上で離されたとき
onmousemoveマウスが要素の上を移動しているとき
onmouseoverマウスがリスナーが接続されている要素または子要素に移動したとき
onmouseoutマウスがリスナーが接続されている要素または子要素から外れたとき
onselectテキストが選択されているとき
onwheelマウスホイールが回転しているとき
onauxclickマウスのメイン以外のボタン(中央のボタンなど)が要素の上でクリックされたとき
onkeydownいずれかのキーが押されたとき
onkeyupいずれかのキーが離されたとき
onkeypressいずれかのキーが押された状態にあるとき
onblur要素がフォーカスを失ったとき(バブリングなし)
onfocus要素がフォーカスを受け取ったとき(バブリングなし)
onchange要素の値の変更が確定したとき(<input>, <select>, <textarea>)
oninput要素の値が変更したとき(<input>, <select>, <textarea>)
onsubmitサブミットボタンが押されたとき
onresetリセットボタンが押されたとき
onloadページ全体がスタイルシートや画像などのすべて読み込まれたとき
onabortエラー以外の原因で読み込みが中止されたとき
onerrorエラーが発生して読み込みが失敗したとき

処理を行いたいイベントの種類に合わせて対応する属性にイベントハンドラを登録してください。

-- --

HTML 要素の属性としてイベントハンドラを登録する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。