KeyboardEventで取得できるキー情報

広告

keydown イベントまたは keyup イベントが発生しイベントハンドラやイベントリスナーが呼び出されるとき、引数として発生したイベントに関する情報が含まれる KeyboardEvent オブジェクトが渡されてきます。 KeyboardEvent オブジェクトにはイベントが発生した時に押されていたキー情報が含まれています。ここでは KeyboardEvent に含まれるキー情報を取得し利用する方法について解説します。

キーに関するプロパティ

KeyboardEvent オブジェクトではイベントが発生したときのキーの情報を参照するためのプロパティが用意されています。

KeyboardEvent.code   押されたキー
KeyboardEvent.key    押されたキーが表す文字

KeyboardEvent.code はキーボードのどのキーが押されたのかを文字列で返します。それに対して KeyboardEvent.key は押されたキーが表す文字を文字列で返します。

それぞれのプロパティの値を出力する簡単なサンプルで試してみます。

<textarea id="memo"></textarea>

<script>
function keyDown(event){
    console.log('code:' + event.code + ', key:' + event.key);
}

let textarea = document.getElementById('memo');
textarea.addEventListener('keydown', keyDown);
</script>

a というキーを単に押したときと、 Shift + a を押した場合で結果をみてください。

code:KeyA, key:a
code:KeyA, key:A

KeyboardEvent.code プロパティはキーボードのどのキーが押されたのかを返すので Shift キーが一緒に押されているかどうかに関係なく KeyA という値を返します。それに対して KeyboardEvent.key プロパティは押されたキーの値が表す文字を返すので Shift キーが一緒に押された場合は A ですが押されていない場合は a となります。

サンプルコード

次のサンプルを見てください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>サンプル</title>
<style type="text/css">
#memo{
width:600px;
height:200px;
border:1px solid #000000;
}
</style>
</head>
<body>

<p>キーを押したかどうか</p>

<textarea id="memo"></textarea>

<script>
function keyDown(event){
    console.log('code:' + event.code + ', key:' + event.key);
}

let textarea = document.getElementById('memo');
textarea.addEventListener('keydown', keyDown);
</script>

</body>
</html>

textarea 要素にフォーカスがある状態でキーを押すと、押されたキーの KeyboardEvent.code プロパティと KeyboardEvent.key プロパティの値をコンソールに出力します。

最初に a キーを押した場合です。

キーに関するプロパティ(1)

次に Shift + a キーを押した場合です。 keydown イベントは Shift キーが押された場合にも発生します。

キーに関するプロパティ(2)

ShiftキーやAltキーを押したときのKeyboardEvent.codeの値

keydown イベントや keyup イベントは Shift キーや Alt キーが押されたときにもイベントが発生します。これらのキーはキーボードによっては左右にそれぞれ配置されていることがありますが、左右どちらのキーを押したかによって KeyboardEvent.code プロパティの値が異なることがあります。

下記は私の環境で実際に左右のキーを押した場合の結果です。

code:ShiftLeft, key:Shift
code:, key:Shift

code:ControlLeft, key:Control
code:ControlRight, key:Control

code:AltLeft, key:Alt
code:AltRight, key:Alt

Shift キーの右側のキーについては KeyboardEvent.code プロパティの値が空でしたが、それ以外のキーについては左右のどちらのキーを押したのかによって KeyboardEvent.code プロパティの値が異なりました。なお KeyboardEvent.key プロパティの値は左右どちらのキーを押した場合でも同じ値となります。

ShiftキーやAltキーが押されているかどうか

キーを押したときに Shift キーや Alt キーが一緒に押されているかどうかを判別したい場合、 KeyboardEvent オブジェクトの専用のプロパティを参照すると便利です。

KeyboardEvent.altKey    Alt キーが押されていれば true
KeyboardEvent.ctrlKey   Control キーが押されていれば true
KeyboardEvent.metaKey   Meta キーが押されていれば true
KeyboardEvent.shiftKey  Shift キーが押されていれば true

例えば keydown イベントが発生したときに、 Ctrl + c が押されたかどうかを判別するには次のように記述することができます。

<textarea id="memo"></textarea>

<script>
function keyDown(event){
    if (event.code == 'KeyC' && event.ctrlKey) {
        console.log('Ctrl + c');
    }
}

let textarea = document.getElementById('memo');
textarea.addEventListener('keydown', keyDown);
</script>

Ctrl + c が押された場合だけコンソールに出力します。

サンプルコード

次のサンプルを見てください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>サンプル</title>
<style type="text/css">
#memo{
width:600px;
height:200px;
border:1px solid #000000;
}
</style>
</head>
<body>

<p>キーを押したかどうか</p>

<script>
function keyDown(event){
    if (event.code == 'KeyC' && event.ctrlKey) {
        console.log('Ctrl + c');
    }

    if (event.code == 'KeyC' && event.shiftKey) {
        console.log('Shift + c');
    }
}

document.addEventListener('keydown', keyDown);
</script>

</body>
</html>

今回は document オブジェクトに対して addEventListener メソッドを使って keydown イベントに対するイベントリスナーを登録しています。 Ctrl + c キー、または Shift + c キーを押した場合だけコンソールに出力します。

ShiftキーやAltキーが押されているかどうか(1)

キーを押したままにしているかどうか

キーを押したままにしている場合、 keydown イベントが連続して発生します。下記は a キーをしばらく押したままにしたあとキーを離した場合です。 keydown イベントが 99 回連続して発生しています。

キーを押したままにしているかどうか(1)

KeyboardEvent オブジェクトではキーが連続して押されている場合に KeyboardEvent.repeat が true を返します。

KeyboardEvent.repeat   キーが連続して押されている場合は true

例えば keydown イベントが発生したときに、キーが連続して押されていた場合には処理を行わないようにするには次のように記述することができます。

<textarea id="memo"></textarea>

<script>
function keyDown(event){
	if (!event.repeat){
        console.log('KeyDown code:' + event.code);
    }
}

let textarea = document.getElementById('memo');
textarea.addEventListener('keydown', keyDown);
</script>

この場合、最初にキーを押されたときはコンソールに出力を行いますが、そのあとキーを押したままにした場合はコンソールに出力を行いません。

サンプルコード

次のサンプルを見てください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>サンプル</title>
<style type="text/css">
#memo{
width:600px;
height:200px;
border:1px solid #000000;
}
</style>
</head>
<body>

<p>キーを押したかどうか</p>

<textarea id="memo"></textarea>

<script>
function keyDown(event){
	if (!event.repeat){
        console.log('KeyDown code:' + event.code);
    }
}

function keyUp(){
    console.log('KeyUp');
}

let textarea = document.getElementById('memo');
textarea.addEventListener('keydown', keyDown);
textarea.addEventListener('keyup', keyUp);
</script>

</body>
</html>

textarea 要素にフォーカスがある状態でキーを押しっぱなしにした場合、最初に押された時以外は keydown イベントを無視しています。

キーを押したままにしているかどうか(2)

-- --

KeyboardEvent に含まれるキー情報を取得し利用する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。