Dateオブジェクトの値から年、月、分、秒などの値を取得する

広告

Date オブジェクトのインスタンスメソッドである getFullYear は Date オブジェクトが持つ値から年の値を取得します。同様に月、日、曜日、時、分、秒、ミリ秒の値を Date オブジェクトの値からそれぞれ取得するメソッドが用意されています。

また Date オブジェクトのインスタンスメソッドである getUTCFullYear は Date オブジェクトが持つ値から年の値を UTC タイムゾーンでの値として取得します。同様に UTC タイムゾーンでの月、日、曜日、時、分、秒、ミリ秒の値を Date オブジェクトの値からそれぞれ取得するメソッドが用意されています。

ここでは Date オブジェクトの getFullYear メソッドなど Date オブジェクトの値から日付や時間に関する値を取得するメソッドの使い方について解説します。

日付と時刻の値を取得するメソッドの一覧

Date オブジェクトが持つ値から日付と時刻の値をそれぞれ取得するメソッドとして次のものが用意されています。

メソッド動作
getFullYear年の値を取得する
getMonth月の値を取得する
getDate日の値を取得する
getDay曜日の値を取得する
getHours時の値を取得する
getMinutes分の値を取得する
getSeconds秒の値を取得する
getMillisecondsミリ秒の値を取得する

それぞれのメソッドは Date クラスのオブジェクトが持つ値から年や分の値を個別に取得します。この時、ローカルの環境で設定されているタイムゾーンが使用されます。

同じように Date オブジェクトが持つ値から日付と時刻の値をそれぞれ取得しますが、 UTC タイムゾーンを使用して表された値を取得するメソッドとして次のものが用意されています。

メソッド動作
getUTCFullYearUTCタイムゾーンでの年の値を取得する
getUTCMonthUTCタイムゾーンでの月の値を取得する
getUTCDateUTCタイムゾーンでの日の値を取得する
getUTCDayUTCタイムゾーンでの曜日の値を取得する
getUTCHoursUTCタイムゾーンでの時の値を取得する
getUTCMinutesUTCタイムゾーンでの分の値を取得する
getUTCSecondsUTCタイムゾーンでの秒の値を取得する
getUTCMillisecondsUTCタイムゾーンでのミリ秒の値を取得する

それぞれのメソッドは Date クラスのオブジェクトが持つ値から年や分の値を個別に取得します。この時 UTC タイムゾーンが使用されます。

それでは順に見ていきます。

年、月、日、曜日の値を取得する

Date オブジェクトが持つ値から年、月、日、曜日の値を個別に取得するメソッドについて解説します。

年の値を取得する(getFullYear)

Date オブジェクトの getFullYear メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値からローカルのタイムゾーンでの「年」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getFullYear()

年の値を 1000 から 9999 までの 4 桁の数値で返します。 1994 年であれば 1994 を、 2020 年であれば 2020 を返します。

月の値を取得する(getMonth)

Date オブジェクトの getMonth メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値からローカルのタイムゾーンでの「月」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getMonth()

月の値を 0 から 11 の数値で返します。 0 が 1 月、 1 が 2月、 11 が 12 月に相当します。

日の値を取得する(getDate)

Date オブジェクトの getDate メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値からローカルのタイムゾーンでの「日」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getDate()

日の値を 1 から 31 の数値で返します。 1 が 1 日、 31 が 31 日に相当します。

曜日の値を取得する(getDay)

Date オブジェクトの getDay メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値からローカルのタイムゾーンでの「曜日」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getDay()

曜日の値を 0 から 6 の数値で返します。 0 が日曜日、 1 が月曜日、 6 が土曜日に相当します。

次のサンプルをみてください。

let d = new Date();
console.log(d.toString());
--> Fri Oct 16 2020 18:13:06 GMT+0900 (日本標準時)

let year = d.getFullYear();
let month = d.getMonth() + 1;
let day = d.getDate();
let dayofweek = d.getDay();

const dayname = ['日','月','火','水','木','金','土'];

console.log(year + '年' + month + '月' + day + '日' + '[' + dayname[dayofweek] + ']');
--> 2020年10月16日[金]

年、月、日、曜日の値を取得する(1)

Date オブジェクトが持つ値から年、月、日、曜日の値をそれぞれ取得しました。月については 0 から 開始される点に注意してください。曜日を数値ではなく'月'や'火'などの曜日の文字として表示するために、表示用の配列を用意して曜日を表示しています。

時、分、秒、ミリ秒の値を取得する

Date オブジェクトが持つ値から時、分、秒、ミリ秒の値を個別に取得するメソッドについて解説します。

時の値を取得する(getHours)

Date オブジェクトの getHours メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値からローカルのタイムゾーンでの「時」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getHours()

時の値を 0 から 23 までの数値で返します。

分の値を取得する(getMinutes)

Date オブジェクトの getMinutes メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値からローカルのタイムゾーンでの「分」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getMinutes()

分の値を 0 から 59 までの数値で返します。

秒の値を取得する(getSeconds)

Date オブジェクトの getSeconds メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値からローカルのタイムゾーンでの「秒」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getSeconds()

秒の値を 0 から 59 までの数値で返します。

ミリ秒の値を取得する(getMilliseconds)

Date オブジェクトの getMilliseconds メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値からローカルのタイムゾーンでの「ミリ秒」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getMilliseconds()

Date オブジェクトが持つ値からミリ秒の値を 0 から 999 までの数値で返します。

次のサンプルをみてください。

let d = new Date();
console.log(d.toString());
--> Fri Oct 16 2020 18:15:10 GMT+0900 (日本標準時)

let hour = d.getHours();
let minute = d.getMinutes();
let second = d.getSeconds();
let millisecond = d.getMilliseconds();

console.log(hour + '時' + minute + '分' + second + '.' + millisecond + '秒');
--> 18時15分10.149秒

時、分、秒、ミリ秒の値を取得する(1)

Date オブジェクトが持つ値から時、分、秒、ミリ秒の値をそれぞれ取得しました。

UTCタイムゾーンでの年、月、日、曜日の値を取得する

Date オブジェクトが持つ値からUTCタイムゾーンでの年、月、日、曜日の値を個別に取得するメソッドについて解説します。

UTCタイムゾーンでの年の値を取得する(getUTCFullYear)

Date オブジェクトの getUTCFullYear メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値から UTC タイムゾーンでの「年」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getUTCFullYear()

年の値を 1000 から 9999 までの 4 桁の数値で返します。 1994 年であれば 1994 を、 2020 年であれば 2020 を返します。

UTCタイムゾーンでの月の値を取得する(getUTCMonth)

Date オブジェクトの getUTCMonth メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値から UTC タイムゾーンでの「月」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getUTCMonth()

月の値を 0 から 11 の数値で返します。 0 が 1 月、 1 が 2月、 11 が 12 月に相当します。

UTCタイムゾーンでの日の値を取得する(getUTCDate)

Date オブジェクトの getUTCDate メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値から UTC タイムゾーンでの「日」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getUTCDate()

日の値を 1 から 31 の数値で返します。 1 が 1 日、 31 が 31 日に相当します。

UTCタイムゾーンでの曜日の値を取得する(getUTCDay)

Date オブジェクトの getUTCDay メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値から UTC タイムゾーンでの「曜日」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getUTCDay()

曜日の値を 0 から 6 の数値で返します。 0 が日曜日、 1 が月曜日、 6 が土曜日に相当します。

次のサンプルをみてください。

let d = new Date();
console.log(d.toUTCString());
--> Fri, 16 Oct 2020 10:13:23 GMT

let year = d.getUTCFullYear();
let month = d.getUTCMonth() + 1;
let day = d.getUTCDate();
let dayofweek = d.getUTCDay();

const dayname = ['日','月','火','水','木','金','土'];

console.log(year + '年' + month + '月' + day + '日' + '[' + dayname[dayofweek] + ']');
--> 2020年10月16日[金]

UTCタイムゾーンでの年、月、日、曜日の値を取得する(1)

Date オブジェクトが持つ値から UTC タイムゾーンでの年、月、日、曜日の値をそれぞれ取得しました。月については 0 から 開始される点に注意してください。曜日を数値ではなく'月'や'火'などの曜日の文字として表示するために、表示用の配列を用意して曜日を表示しています。

UTCタイムゾーンでの時、分、秒、ミリ秒の値を取得する

Date オブジェクトが持つ値からUTCタイムゾーンでの時、分、秒、ミリ秒の値を個別に取得するメソッドについて解説します。

UTCタイムゾーンでの時の値を取得する(getUTCHours)

Date オブジェクトの getUTCHours メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値から UTC タイムゾーンでの「時」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getUTCHours()

時の値を 0 から 23 までの数値で返します。

UTCタイムゾーンでの分の値を取得する(getUTCMinutes)

Date オブジェクトの getUTCMinutes メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値から UTC タイムゾーンでの「分」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getUTCMinutes()

分の値を 0 から 59 までの数値で返します。

UTCタイムゾーンでの秒の値を取得する(getUTCSeconds)

Date オブジェクトの getUTCSeconds メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値から UTC タイムゾーンでの「秒」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getUTCSeconds()

秒の値を 0 から 59 までの数値で返します。

UTCタイムゾーンでのミリ秒の値を取得する(getUTCMilliseconds)

Date オブジェクトの getUTCMilliseconds メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値から UTC タイムゾーンでの「ミリ秒」の値を数値で返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getUTCMilliseconds()

Date オブジェクトが持つ値からミリ秒の値を 0 から 999 までの数値で返します。

次のサンプルをみてください。

let d = new Date();
console.log(d.toUTCString());
--> Fri Oct 16 2020 18:15:10 GMT+0900 (日本標準時)

let hour = d.getUTCHours();
let minute = d.getUTCMinutes();
let second = d.getUTCSeconds();
let millisecond = d.getUTCMilliseconds();

console.log(hour + '時' + minute + '分' + second + '.' + millisecond + '秒');
--> 18時15分10.149秒

UTCタイムゾーンでの時、分、秒、ミリ秒の値を取得する(1)

Date オブジェクトが持つ値から UTC タイムゾーンでの時、分、秒、ミリ秒の値をそれぞれ取得しました。

-- --

Date オブジェクトの getFullYear メソッドなど Date オブジェクトの値から日付や時間に関する値を取得するメソッドの使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。