Dateオブジェクトの値を基準時間からの経過ミリ秒の値で取得する

広告

Date オブジェクトのインスタンスメソッドである getTime は Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値を基準時間(1970年1月1日00:00:00 UTC)からの経過ミリ秒の値として返します。また valueOf メソッドも同じ値を返します。ここでは Date オブジェクトの getTime メソッドおよび valueOf メソッドの使い方について解説します。

日付と時刻を経過ミリ秒の値として取得する(getTime)

Date オブジェクトの getTime メソッドは、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値を 1970年1月1日 00:00:00 UTC からの経過ミリ秒の値として返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getTime()

Date オブジェクトが持つ日付と時刻の値を基準日時からの経過ミリ秒の値として返します。

次のサンプルをみてください。

let d1 = new Date(1000);
console.log(d1.getTime());
>> 1000

let d2 = new Date();
console.log(d2.getTime());
>> 1602757673447

最初の例ではコンストラクタに基準時間からの経過ミリ秒( 10000 )を引数に指定して Date オブジェクトのインスタンスを作成しました。このオブジェクトが持つ日時と時刻の日付を基準時間からの経過秒数の値にして取得すると、 1000 を返します。二番目の例では現在の日時を持つ Date オブジェクトを作成したあと、 Date オブジェクトが持つ日付と時刻の情報を基準時間からの経過秒数の値として取得しました。

Dateオブジェクトのプリミティブ値を取得する(valueOf)

Date オブジェクトの valueOf メソッドは、 Date オブジェクトが持つプリミティブ値を返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.valueOf()

Date オブジェクトは日付と時刻の情報を内部的に 1970年1月1日 00:00:00 UTC からの経過ミリ秒の値として持っています。 valueOf メソッドは内部的に持つ経過ミリ秒の値を返します。結果として getTime メソッドと同じ値を返すことになります。

次のサンプルをみてください。

let d = new Date();
console.log(d.valueOf());
>> 1602758022790

Dateオブジェクトのプリミティブ値である 1970年1月1日 00:00:00 UTC からの経過ミリ秒の値を取得しました。

-- --

Date オブジェクトの getTime メソッドおよび valueOf メソッドの使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。