ローカルのタイムゾーンとUTCタイムゾーンの差を取得する(getTimezoneOffset)

Date オブジェクトのインスタンスメソッドである getTimezoneOffset はローカルのタイムゾーンと UTC タイムゾーンの差を単位を分とした値で返します。ここでは Date オブジェクトの getTimezoneOffset メソッドの使い方について解説します。

(2022 年 04 月 10 日公開 / 2022 年 04 月 10 日更新)

ローカルとUTCのタイムゾーンの差を取得する(getTimezoneOffset)

Date オブジェクトの getTimezoneOffset メソッドは、ローカルとタイムゾーンと UTC タイムゾーンの差を返します。書式は次の通りです。

Dateオブジェクト.getTimezoneOffset()

静的メソッドではないですが、 Date オブジェクトの内容に関わらず現在の環境でのローカルタイムゾーと UTC タイムゾーンとの差を返します。戻り値はローカルからみて UTC のタイムゾーンが何分後かを返します。例えばローカルのタイムゾーンが UTC+0900 だった場合は、 -9(時間) × 60(分) = -540 となります。

次のサンプルをみてください。

let d = new Date();
console.log(d.toString());
>> Sat Oct 17 2020 14:34:06 GMT+0900 (日本標準時)
--> 
console.log(d.getTimezoneOffset());
>> -540

ローカルと UTC とのタイムゾーンの差として -540 を取得しました。

-- --

Date オブジェクトの getTimezoneOffset メソッドの使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

Twitterでシェアする
広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。