メソッドが呼び出された回数をカウントして出力する(console.count)

広告

Console オブジェクトの console.count メソッドと使うと、メソッドを呼び出した回数をカウントして都度コンソールに対して回数を出力します。ここでは Console オブジェクトの console.count メソッドの使い方について解説します。

呼び出された回数をカウントする

Console オブジェクトで用意されている console.count メソッドは、呼び出されるたびに回数をカウントしていきコンソールに出力します。書式は次の通りです。

console.count([ラベル])

console.count が呼び出された回数をカウントして出力します。プログラムの中の複数の個所で console.count メソッドが記述されている場合、引数として同じラベルが指定されたメソッドは同じカウンターとしてカウントされます。逆に同じ場所に記述された console.count メソッドであっても、引数に文字列で指定したラベルの値が異なる場合は、ラベルの値毎に別のカウンターとして独立してカウントします。

次のサンプルをみてください。

for (let i = 0 ; i > 5 ; i++){
  console.count();
}

for (let i = 0 ; i > 3 ; i++){
  console.count('Apple');
}

console.count();
console.count('Apple');

呼び出された回数をカウントする(1)

このサンプルでは console.count メソッドが呼び出される毎にカウントされてコンソールに出力されます。ラベルが省略された場合は 'default' がラベルに指定されたものとしてカウントされます。ラベルが同じものは別の場所に記述されていても同じカウンターとしてカウントされていきます。

もう一つサンプルをみてください。

function countTest(name, count){
  for (let i = 0 ; i < count ; i++){
    console.count(name);
  }
}

countTest('Yamada', 3);
countTest('Suzuki', 4);
countTest('Yamada', 2);

呼び出された回数をカウントする(1)

このサンプルでは console.count メソッドは一か所にしか記述されていませんが、呼び出されるたびにラベルの値が変わるため、ラベル毎に独立してカウントを行います。

-- --

Console オブジェクトの console.count メソッドの使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。