条件式がfalseの場合だけエラーログを出力する(console.assert)

広告

Console オブジェクトの console.assert メソッドを使用すると、コンソールに対してログを出力する場合に、最初の引数に記述された条件式がfalseとなった場合だけエラー形式でログを出力することができます。ここでは console.assert メソッドの使い方について解説します。

条件式に応じてログを出力する

Console オブジェクトで用意されている console.assert メソッドを使用すると、引数に指定した条件式がfalseの場合だけコンソールにログを出力することができます。書式は次の通りです。

console.assert(条件式, オブジェクト [, オブジェクト, ...])
console.assert(条件式, プレースメントを含む文字列 [, 置換するオブジェクト, ...])

1 番目の引数に条件式を記述します。この条件式を評価し false となった場合だけコンソールにログを出力します。 2 番目以降の引数の指定方法については console.error メソッドと同じです。(詳しい使い方については「コンソールにログを出力する(console.log、console.info、console.warn、console.error)」をご参照ください)。

次のサンプルをみてください。

for (let i = 0 ; i < 10 ; i++){
  let num = Math.floor(Math.random() * 100) + 1;

  console.assert(num % 2 == 0, num);
}

条件式に応じてログを出力する(1)

このサンプルでは 1 から 100 までの乱数を 10 回生成し、乱数が奇数だった場合だけコンソールに出力します。 console.assert による出力は console.error メソッドと同様にエラーを表すアイコンが表示され、ログも赤色の文字で出力されます。

-- --

console.group メソッドなどを使ってコンソールへの出力をグループ化する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。