ソース・フォルダの追加

広告

外部からソースコードをインポートした場合には、既存のプロジェクトに新しくソースコードが配置されたディレクトリを認識してもらうようにする必要があります。

まず対象のプロジェクトをパッケージ・エクスプローラー上でクリックします。

既存プロジェクトにソースコードをインポート

「プロジェクト」メニューの中の「プロパティ」をクリックします。

既存プロジェクトにソースコードをインポート

左側ツリーから「Javaのビルド・パス」をクリックし、右側の「ソース」タブをクリックします。

既存プロジェクトにソースコードをインポート

「フォルダの追加」ボタンをクリックすると下記のようなウィンドウが表示されます。

既存プロジェクトにソースコードをインポート

ソースコードを含むフォルダとして追加したいディレクトリをチェックします。今回は「test05」をチェックしました。チェックが終わったら「OK」ボタンをクリックします。

既存プロジェクトにソースコードをインポート

既にソースフォルダとして存在した「test01/src」の他に、新しく「test01/test05」と言うフォルダもソースコードが含まれるフォルダとして追加されました。画面下の「OK」ボタンをクリックして下さい。

以上でプロジェクトに対して新しいディレクトリがソース・フォルダとして認識されました。今後プロジェクトに対してビルドを行なった場合、「test01/src」の他に「test01/test05」に含まれるソースコードもコンパイルの対象となります。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)