インクリメント及びデクリメント演算子

広告

算術演算の中でも変数の値を1だけ増加させる、又は1だけ減少させるという演算は特に利用されることが多くなっています。これは後で見ていく繰り返し処理や配列などを使う場合に利用するためです。

その為、1だけ増加させる演算と1だけ減少させる演算を簡潔に記述するための演算子が用意されています。1だけ増加させる演算子をインクリメント演算子と言い「++」を使います。また1だけ減少させる演算子をデクリメント演算子と言い「--」を使います。

int var1 = 8;
int var2 = 7;

var1++;
printf("var1 = %d¥n", var1);

var2--;
printf("var2 = %d¥n", var2);

上記では変数「var1」は1だけ増加していますので「9」となります。また変数「var2」は1だけ減少しているため「6」となります。

これをインクリメント演算子とデクリメント演算子を使わずに記述した場合は次のようになります。

int var1 = 8;
int var2 = 7;

var1 = var1 + 1;
printf("var1 = %d¥n", var1);

var2 = var2 - 1;
printf("var2 = %d¥n", var2);

どちらの記述方法でも結果は同じですが、1ずつ増加させる又は1ずつ減少させるという意味合いで使用する場合にはインクリメント演算子とデクリメント演算子を使った方がより簡潔で分かりやすい表記になります。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルプログラムを作成して試してみます。

test3-1.c

#include <stdio.h>

int main(void){
  int var1 = 8;
  int var2 = 7;

  printf("var1 = %d¥n", var1);
  var1++;
  printf("var1 = %d¥n", var1);

  printf("var2 = %d¥n", var2);
  var2--;
  printf("var2 = %d¥n", var2);

  return 0;
}

上記を「test3-1.c」の名前で保存します。まずコンパイルを行います。

インクリメント及びデクリメント演算子

コンパイルが終わりましたら「test3-1」と入力して実行します。

インクリメント及びデクリメント演算子

変数の値が1だけ増加、又は1だけ減少していることが確認できます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)